読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

写真における思うこととか。

エッセイ 過去記事再録 カメラ・写真

撮った写真の渡し方と適材適所の話。

 

撮った写真の渡し方

写真を撮っていて気をつけていることの中に「撮った写真の渡し方」があります。

撮った撮られたは大概喜ばれるし、嫌がる人のことは絶対に撮らないようにしているし「コチラも気をつけるのでソチラも写りこまないように気をつけてね」と言う風に撮っている。

ココで問題なのは撮った写真の渡し方。

今思いつくものといえば

  • メールでデータを送信。
  • ストレージサービスを使っての配布。
  • Facebookのメッセージ機能やLINEでの送信。
  • 後はメディアに焼きこんで配布や回覧。USBメモリを貸与、現像をしてプレゼント
くらいが出てきます。
さて、この話で個人的に気にしているのは配布する側が時間にしても金銭的にしても負っている部分が多いということ。

別に負いたくないと言う訳ではないものの、当たり前のようにデンと待ち構えられていては気分は良くない。

とは言え、撮った後にメディアを渡されて是非くださいませと言われてもコレジャナイ感じが酷い。

撮らせてやっているとか撮らせてもらっているわけではないので、多かれ少なかれの何らかの気遣いがドチラにも欲しいところではあると思う。

メディアへの焼きこみや現像で言えばメディア代やプリント代の一つも出ると有り難いし、ストレージで言えば説明は必ずしているのでやる前から諦めたりしないで、少しはチャレンジをしてもらいたい。

後、USBメモリは返してくれ。無くさないでくれ。

 

個人的に、趣味の一つに写真撮影があるのでやはり集まりごとにはカメラを持っていきたいし、何事も常に全力で居たいので自分がカメラを持ち出さなかったために会の記念や思い出がちょびっとしか残らないというのは気持ちが悪い。
ここで毎回問題なのは正月の集まり時の写真の送付方法になる。

妻の実家関係は本当にPCを拒絶して生きているのでストレージサービスやメールが役に立たない。

メディアや写真にしても届くまで待ちきれない上に、いちいち「あーでもないこーでもない」と因縁が入るので話しにならない。

とは言え、誰よりも写真を欲しているので撮らないことも渡さないこともありえない。

前述した通り、撮らないで後悔はしたくないし、普段、望んでか望まないでかはさておいても多少なりとも食事に行けばご馳走をしてもらったりとしているのでこの位は致し方ないと思う。

ただ、ここで障壁となるのは妻。

妻の身からすれば自分の家が無駄出費をするだけでも真っ平御免なのに、更にもっと撮れだなんだの注文が付くしあんまりな感じ、やってもらって当たり前と言う妻実家の態度が気に入らないので、写真を撮ることもデータを用意することも厳禁になっていて、何かをしてしまうと妻の機嫌が悪くなる。

正直、甥っ子達の成長も今だけのものなので撮ってあげたいものの、やはり妻は怒らせたくないのでなるべくしたがうのです。

とりあえず自分の実家はLINEばかりなので一瞬LINEやるか?とか思うものの、LINEはないなと思ってしまうのです。

 

適材適所の話

従兄弟の兄貴がウチの弟を気に入っていて色々手を出している。

兄貴はカメラに没頭しているのでどうにも弟にも没頭をしてほしいようで色々と渡したりしている。

f:id:buri-hama:20161110231038j:plain

上のレンジファインダーフィルムカメラレンジファインダーが欲しくて探していた自分につられて兄貴が買ったものだけれど、ローライもライカも二眼も持っているので、いよいよ持て余して弟に譲ってしまったらしい。

正直、一時期弟も「カメラいいジャン!」となったものの、カメラよりバイト、カメラより友達と映画!等などとやっているわけで結果、自分の所から持って行かれたNIKON D70も使っている様子はないし、カメラは有ったら面白いけれど、カメラを中心に出かけたりしないので、そこら辺の感覚が兄貴にはわかっていないようで、猛プッシュすれば弟も更なるカメラの世界に開眼すると信じているようで今回のように弟に渡したりしている。

さて、タイミングよく妹がカメラに目覚めたようで、以前兄貴からお下がりで貰い受けたGRの充電器も見つかったと喜んでせっせこと会ったときも撮っていた。

正直、兄貴の承諾なんて言うものは無視をして妹に「お前が貰っておけ」と伝えてレンジファインダー機を妹に持たせて証拠撮影を撮影して兄貴には適材適所とだけ書いてメールをしておいた。

兄バカと言うか親バカで、妹がレンジファインダーやGRを構えてとっている姿は可愛いもので様になる。

このままカメラ女子にシフトしたら…

おっと、兄貴みたいに押し付けがましくなってしまった。

うちの子達も写真は撮りたがるので今度妹と子供達で公園にでも行ってみようかと思いました。