読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

己の足で踏みしめ、己の手でつかめ。

電車の中で出来上がって行くカップルの話。

先日、遅延にていつも以上の満員電車に乗ることになりました。

そんな中、途中駅で二人だけの世界を作っちゃってる高校生カップルが乗り込んできました。正直、遅延の影響で超を付けてもゆるされる満員電車なので離れ離れも致し方ないと思うのだよ。
 
君たち子供じゃないんだし。
しかしまぁ、このカップルは一味違う訳で彼氏が迷惑なんのそので離れかけた彼女の腕を取って強引かつ無理やりに自分の胸の中に彼女を抱き寄せる。
 
迷惑なんのそので。
で、彼氏に抱き寄せられた彼女はもう嬉しそうにしちゃって見つめ合う始末。
 
横のオバハンの嘲笑が面白かった。
遠目で見ていても薄ら寒いこのカップル、そのまま五駅先まで彼女に腕を回して彼女も彼氏に抱きついて見つめ合う姿に「こいつらアホか?」と思う自分。
そう思いながらもネタゲットとも思ってしまうのですが…そして五駅先で降りたと思ったらまた乗り込んできて、今度は運悪く自分の横に来やがるカップル。
 
また抱き寄せる彼氏に目を潤ませて見つめる彼女。
何かを言おうとする彼女に言わなくていいよとか呟く彼氏。
そのまま段々と出来上がっていく高校生カップルの一部始終を目の前で見せられる自分。
正直、彼氏が彼女の頭を撫で回して、その度に髪の毛がコチラに当たりそうになる度に気持ちが悪くなる。
 
脳内ではムツゴロウが
「よーしよし、可愛いですね~、ウシャシャシャシャ」
とやっていると認識させるものの苦痛は変わらず。
とりあえずこれだけは言いたい。
 
見つめあって抱きしめ合うくらいなら手を伸ばしてつり革を持て。
自分に寄りかかるな。
そんな中、見られても構わんわとこの文章を書き上げました!
まあ、目鼻立ちの整ったカップルだったから自分達に自信あるんだろうし、世の中に見せつけたいんだろうがつり革を持て。
そして自らの足で大地に立て。
見知らぬオッサンに寄りかかりながら出来上がるな。
 
供養の為に書き上げてもまだモヤモヤする…(´・ω・`)ショボーン