読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

 意思は無くともなれる。

エッセイ
鹿児島県警で女性に暴行した奴が暴行後に採用されていたニュースYahoo!で見ていたら、コメント欄に「正義感のある人に警察官になってもらいたい」と言った旨の事が書かれていた。
読んでいて、それは無理だと思った事があったのでネタにします。

 

就職活動の時期に友人達と進路はどうするのと話していて、友人の1人が候補「大学生」「警察官」「消防士」と言ってきた。
 
大学生はなれるならなってみたいが受験勉強もしないで観光気分で地方に受験に行くと言っていたので、そんな気持ちで行くなと不愉快を口にした。
本気で受ける人が居る以上冷やかし受験で枠を減らされる人の身にもなってみろと言ったが、冷やかし受験よりも成績の悪い奴が悪いと言われた。
 
警察官や消防士も正義感などではなくただただ安定を求めての事で、交番勤務になろうがのらりくらりとしかやらないと言っていた。
正直こんな人間に守ってもらいたくないなと思った。
結局のところ、向き不向きや正義感や使命感ではなく安定のみで選ぶ人が居て、試験に対して傾向と対策がある以上解決策が見つからない話なのかも知れない。
 
これとは少し毛色が違うが、知り合いの未婚の母も似たようなもので母親の自覚も意思もないが子供は居る。
子供が居て育てる義務があるが、自覚は足りない。
それでも母親になれてしまう。
 
世の中うまくいかないなと思ったのです。