読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

2016年12月5日 書き溜めずに書く。通夜葬儀の後。

大叔母の通夜や葬儀が執り行われた。

通夜と葬儀に向けて仕事を片付けて無事に参加をした。

仕事はかつて無い集中力で、かつて「化け物」と呼ばれたことはあったが、ただただ「凄い」と呼ばれたのははじめてであった。

 

それで通夜と葬儀が済んでくれて、明日から日常に戻れるのなら万々歳で済むのだけれど、今どうしようもないほどに大叔母ロスに襲われている。

 

この状況で明日出勤したらどんな惨状になってしまうのか!?と思ったが、休むわけにはいかないし、休む言葉が見つからない。

 

とりあえず先週ほどの勢いはございません。そっとして置いてください。

とだけ告げようと思う。

 

未練も後悔も思い残したこともないのに何故か物凄い寂しさに襲われています。

何だか今でも会えそうな気がしてしまっていて、ついつい連絡してみるかな?みたいな感じになるのだけれど、実際もう大叔母は居ないんだと気づく度に寂しくなる。

 

子供もショックでしょんぼりしながら…笑

子供が余程ショックだったのか、大叔母の写真を部屋に置こうかなと言い出した。

いやいや、それはチョット…と思っていた所で子供の部屋で家鳴りや置いてあった物が崩れたり*1で物音が起きた際に「大叔母が来た!怖い!!幽霊だ!!!」と大騒ぎ。

…え?それで写真置きたいの?マジで?と笑ってしまった。

 

とりあえず寂しさを紛らわすために騒ぎ倒してきたお葬式。

色々ありましたが今は面白い事が普段以上に書けないのでこれにて終了します。

*1:片付けをして居ればよいのに「後で後で」だそうです。