読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

出所と付き合い方。

エッセイ 過去記事再録

ちょっと古い友人の話。

あまり委細は話せないのですが、彼は学生時代から少々変わっていました。

そして件名の通り友人はちょっとした事で、今現在壁の向こうに行っております。

 

最後に会ったのは上の子が生まれた頃。

出産祝いと妻に土産に持たせてくれた彼。

その後、そのグループでの集まり自体が諸事情で無くなっていたので会わないでいたら、ある日突然TVの向こうで容疑者になっていました。

TVの向こうで語られる話が、出産祝いと土産の日に話をしていたそのままの内容でちょっと複雑だった。

それでももしかしたら他人の空似ではと思い、彼のことに詳しい共通の友人に確認を取ったら本人確定で更に驚いた。

 

後日実家でTVを見ていて親に「お前と同い年の奴でこんな事をやらかす奴がいるんだな~」と言われて「彼は同級生だ」と答えられてしまうほどにそこそこ大ごとな話になった友人。

 

その後、少し縁が戻って彼以外のグループメンバーと集まる事があって、その中で少し彼の話になりました。

その頃はまだ先の話で実感は無かったものの、そろそろ友人は刑期を満了するのではないでしょうか?刑期に関しては良く知らないのでわかりませんが、模範的だと刑期が短縮されるとかなかったでしたっけ?そうなるともう出所しているかもしれません。

 

今となると、今後彼とはどのように付き合っていく事になるのかと思うようになり、ついに先日は夢まで見てしまいました。

夢の中で、彼を見かけて「出てこられたんだ」と話しかけてしまう自分に対し、喜んでついてくる友人。
友人の笑顔を見て失敗したと思い、頑張って電車等で逃げるのですが友人は何処までもママチャリで追いかけてくると言う夢で、追いつかれたときには正直飛び起きてしまい、その後は自分が彼をどのように思っているのかがわかった気がして複雑な気持ちになりました。

 

後悔をしている、償いたいと言っていると報道されていました。

自分は家族を持っている以上、無闇に藪に突っ込む必要も無いのでしょう。
それこそこの先会うこともなく過ぎていくのかも知れませんし、逆に他の友人がスケープゴートで自分の電話番号や住所を教えてしまうかも知れません。

 

色々な事がグルグル回って考えが落ち着かないのですが、世の中の人はどうやって接していくのでしょうか?

 

自分にはよくわからないし、ついつい尻込みもしてしまっています。