日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

無理矢理直してみた話。

朝、出勤してみると他の人が使うスタンドアロン機(ネットワークから切り離されている)のXPが起動しなかった。

こうなるとその人は直せないのでこちらに話が回ってくる。 もう一人居てそいつはPCを直せると言って入社してきたが正解に導けたことがないし、そもそもヤル気がないので逃げ切っていた。
とりあえず症状を軽く書くとこんな感じ。
  • ブート時にXPのロゴでエラーを吐いてリブート。以後エンドレス。
  • セーフモードでも起動出来ない。
…全入替はやだなと思った。さらに言えばこのマシン、半年前くらいにHDDの交換をしているのでこんなに早く不調になるとか論外である。とりあえず仕事も立て込んでいたので何とか全入替をしないで済むように考えた。…!!健康なマシンに繋いでみてチェックしてみよう。普段なら中途半端に時間が勿体無くてチェックをすっ飛ばして新規インストールに入ってしまうが、今回は時間がとにかく惜しいのでHDDをマシンから抜き取って健康なマシン(Win7)にUSBで繋ぐ、少し時間がかかった気がしたが初回認証もあるのでこんな物と判断。その後、プロパティからエラーチェックを掛けて修復させてみる。基本的にこのエラーチェックとかバックアップとかWindowsに標準で入ってるツールには一度も二度も痛い目にあわされているので期待はして居ないが、今回に限って言えば、既にインストールのやり直しは覚悟しているのでその前のお試しと言うことでミスろうが痛くも痒くも無い。

まあ腹立たしいけど 笑

んで、待つこと1時間未満、無事にチェックは終わってチェックログを見ると、いやはやエラーばかり。何で昨日は無事(と使用者は証言)なのに今朝はこうなるのかしら…しかしチェックは「エラー直したよー」と言うので信じてみて元に戻して通電。

あら動いた。

本当にブートプログラムにエラーが出ていたのね。
と言うことで無事に解決したのでメモ。しかしこれで終わりではない。
今朝、動くか動かないかが問題なのです。あー!出勤やだなぁ!!

↑動きました!!