日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

大叔母の最後の話2。

 

buri-hama.hatenablog.com

 

談話室で久々の親戚と話していると大叔母着替えと化粧完了。

病室を後にして霊安室へゴー。

大所帯になってしまい一度ではエレベーターに乗ず、自分は大叔母達と乗る事になり、親戚は別のエレベーターで霊安室を目指します。

大叔母が少しでも長く居たいのか、エレベーターが誰も居ない階にバシバシと止まります。

これには担当の人も訝しんで「いつもならすぐに行けるんですけどね」とか言うのですが、大叔母が引き伸ばしてるだけだから気にせずにと笑い話で終了。

その後のことは子と孫に任せて帰宅。

帰宅したものの今度は自分のところの婆さんが気になったので実家に顔を出す事に…

結果、アレコレと頼まれ事をして帰れなくなりました。

うーん…油断した。

その後、大叔母に対して何かしたい気持ちになって大叔母の写真を探してみたけれど、結局10枚くらいしか見つからず、ここ数年実家でお正月に集まることが廃止になった弊害が出ていてなんだか嫌な感じに…

お正月は大事なんだな

翌日からお通夜の日までの集中力は過去最高のものであった。

繁忙期で普段のペースで丸2日かかるものを1日半で仕上げて、普段よりも内部校正での赤字が少なくやり切り、丁度10年前の同じ時期に友達の結婚式の為に見せた集中力を上回ったと思った。
当時も化け物と呼ばれたが、今回はただただ凄いと言われた。

 

 

buri-hama.hatenablog.com