読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

新通貨・ムツキー。

友人達の間で作った新通貨の話。

そもそもは、飲み会の席で会計時に友人(以下・睦月)が…

  • 少し足りない
  • 財布忘れた
  • 中身入っていない

等と言い、支払いを拒んできた。

本人に言わせると、拒んでいるのではなく忘れただけ、確認を怠っただけだとは言うものの、明らかに5連続は信用を無くすと思う。

 

そうなると全員で肩代わりをするのではなく、睦月と会う用事の多い友人(以下・師走)が「俺は睦月に会う事が多いから俺が出すよ」と言ってくれる事で、睦月が支払いを拒むと自動的に師走に支払いが回る事になる。

先に書いてしまいましたが、この会に金を出す価値が無かったのか、来てやったのだからなのか、連続で支払わなくなる睦月。

多い時は年3回くらいあった集まりですが、初めの頃は次までに何だかんだと返していた睦月でしたが、額が社会人からしたら少額な事、お互い社会人なので気遣ったと言えば会わなくても済むこと、おそらくそこら辺の事から睦月も次回返せばいいやと思っていたのかも知れません。

しかし睦月はその少額も持ってこないので、随分溜まっています。

更に言えば、代わり映えのない飲み会が嫌なのか、いつしか遅刻やブッキングでの早退が目立つようになるので、返済せずに延滞が加速します。

数回目に師走に返済があったかを聞くと「いや、最初はちゃんと返して貰ったよ」と言う返事。

「前回とかは?」と聞くと「あれ?」と始まります。

そこから二人で溜まった飲み代を計算すると…

  • 1回前が2千円
  • 2回前が2千円
  • 3回前が千円

「…すげぇ!5千ムツキーだ!」

「なんだよムツキーって…?」

「いや、5千円って言うとヤバめの額に思えるので、単位を睦月にちなんでムツキーと呼んでみました」

「そんなのどうでもいいよ!クソっ」と、現実を見てキレる師走。

「くそ…5千かよ…そんだけあれば美味いもん食えるじゃねぇかよ」

ここで、話が終わらないのが凄いところで、遅れてきた睦月に師走が

「お前、今日は俺の分も出せよ、5千円溜まってるからな」

と言いますが、

「あ〜、うん。あ、あれ?あれ?財布の中身が無い。
あちゃー、昨日使ったんだった、
わりぃ師走、今度こそ絶対に返すから」

「マジか!?ふざけんなよ…」

しかし、面倒見のいい師走は最後には払ってくれて、ムツキーはいよいよ7千ムツキーになります。

 


今度こそオチですが、その次の回にて、ムツキーが1万になるかな?と師走に聞きましたらば、

「いや、あの日帰りにアイツの家まで寄って全額返してもらいましたよ」と言うのです。

新たなムツキーが始まることも考えましたが、結局以降睦月が参加することが減りましたのでこれにて終了です。