読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

未来の自分の為に、今後苦しむ同士の為に。

エッセイ 雑談 書き始めは面白く書けるかと思ったやつ

社名を出すと身バレしかねないので「某・早印刷、安印刷のお店」と書きます。*1

 

ある日、ここにデータを入稿する事になる。

外注嫌いの自分からすると嫌で嫌で仕方がない話ではあるが、仕事はオーダーに従ってやり切ってこそなのです。

そもそも、外注は外のプリンターに仕事を出す感覚なのですが、ここは更に営業さんがいる訳でもないので更にやりにくい。やはり顔が見えてナンボだと思っております。

 

そして入稿から納品までのあれこれトラブルを今後のためにも書き留めておこうと思いました。

 

相手を人と思うなかれ

上でも書いていますが、この手の外注は対人ではなく外のどこかにある巨大なプリンターにデータを流して出力するものと思うのが良いです。
相手が人間だからの甘えはダメ。
ミスったらアウトです。
ミスプリントは値段のはるミスプリントです。

 

わからないの意味がわからない

色校正を出して色味に不安があったので確認した際に言われた「わからない」の言葉。
本番と校正では機械が違うので色味が変わる旨が書いてあったが、本番が明るめに出るとか暗めに出るとかのニュアンスを知りたくて聞いたが回答は「わからない」であった。

これには困った。

 

問い合わせは諦めるべし

これ本当に厳しくて、とにかく苦しめられた。
メールでの問い合わせにも◯営業日でご回答とあれば良いが見当たらない。

返事待ちは覚悟しよう。

 

電話の問い合わせにしても朝一番から既に奪い合い。

電話の一切が繋がらない。

100回くらいのリダイヤルは覚悟すべし。

時間にしたら1時間前後見ておかないと胃に悪い。

今度はようやく繋がっても「混み合ってます」「しばらくお待ちください」でここからかなり待たされる。

しばらくが本当にしばらくで驚くが平均1時間、すごい日は2時間近く待たされる。

もうアナウンスをBGMに仕事をするくらいの状態になる。

そして繋がっても要領を得ない相手に当たると「マジか…」と嘆きたくなる。

そして相手によっては早く切りたくて最後まで喋らせて貰えないケースもある。

 

入稿すら胃が痛い

WEB使用で3ギガまでの入稿が可能だが、繁忙期は1ギガ未満もキツくてタイムアウト続出で入稿出来なくて胃に穴が開くかと思った。

 

納品までは胃が更に痛い

今回の入稿ができなかった件の余波で、本来はホームページで都度ステータスのチェックが出来るのですがタイムアウトを回避した為に、正式な入稿手順ではないからかステータスが半端に更新されていて、再入稿したファイル名ではなく初回入稿のファイル名のまま「印刷しました」「発送します」とステータスが更新された。

本当に納品日まで無事に更新したファイルで商品が到着するのか胃が痛くてたまらなかったです。


結論・繁忙期は使うとマジキツい。

  • 入稿出来ない
  • 問い合わせ繋がらない
  • 混雑しているようで進捗が来ない

うまく言えないが、売上一番・安いの一番がどうしても揺るがないのであれば致し方ないが、ウルトラ余裕を持って臨まないとかえって高くつきます。

今現在、ここまで余裕のある仕事って少ないので個人的には赤字にならなければもう少し考えた方が良いと思います。

 

時折、品質や対応はここ以上、値段はここ以下を要求する人が居るけれど、そんなのあったら皆そこ使いますからと喉元まで出てきます。

 

わかりにくい人に向けて簡単に言うと味や接客、雰囲気なんかはミシュランの最高級、でも料金は牛丼屋さんを要求されても無理なもんは無理なのです。

*1:とは言えここの社員ではなく使った側、会社でよくこの会社名で評判を検索しているので身バレ怖いです。