日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

夜間救急にぶちギレた話。

もう10年くらい前の話。

 

 

buri-hama.hatenablog.com

 

こちらで書きましたが、夜間救急に子供を連れて行くのは自分の役目になっていました。

上の子を連れて行く際には妻のお腹には下の子が居て留守番。
下の子を連れて行くときは上の子と妻は留守番でした。

夜間救急先は大きな病院で家からは片道がちょっとかかるのですが、とりあえず子供が心配で頑張るわけです。

下の子の頃には手慣れたもんで受付とかもスムーズにやれています。

丁度、この頃は(この頃も)妻は義母との付き合い方で疲れていて、日中かかりつけに行けば良い状況でも自分を夜間救急に行かせようとしている時があり、この時もそれに近いイメージがあったので「昼間から不調だったんだよね?何で医者に行ってあげなかったの?」と少々不満を口にした。

しかし、妻の言い分は「上の子の時はさっさと連れて行くのに下の子の時はゴネるのね」であった。

それを言うのであれば妻こそ上の子の時はもっとフットワーク軽くかかりつけの病院に連れて行っていたと言いたい。

 

とりあえずいくら言い合いをしたところで下の子は復調するわけではないし心配なので連れて行くことにした。

今回も、受付もスムーズに受け答えもそこそこスムーズにやれます。*1

さて、こちらとすると風邪からくる高熱と思っているのにこの日に限って「検査しましょう」と始まる。

は?そんなに悪いの?
確認すると悪い訳ではなくて念の為だとか。
いやいやいや、この子は普段通りですよ。

そんな医師の後ろで2人のインターン「今度俺の番な」とか話してる。

 

俺の子はモルモットか?

無性に頭にきた。
一瞬で頭にきた。

インターンが笑顔でウキウキと話している姿に頭にきた。

見えない所でやれば良いのに、目に見える、耳に届く場所で「俺の番な」「この場合はどうすんだっけ?」とかやられてる。

子供をよこせと言われた時に睨みつけながら「くれぐれもよろしくお願いします」と重く伝えてもインターンの軽々しい返事。*2

 

連れて行かれる子供。

壁の向こうで大泣きする子供。

 

無力です。
父親はなにも出来ません。
本来ならインターンを叩き伏せて医師にやらせるべきなのかとか色々考えてしまいます。

 

ガンバッタネー
とか白々しく言われて戻ってくる子供。

聞こえるように「よくも泣かせたな」と言いながら子供を奪還。

その後、検査の結果で腎臓の数値が気になるから今度は尿検査したいと言い出す。

 

本当に悪いのか?
その問いにも結局は「念の為」と言われてしまう。

そして今回も後ろでウキウキとするインターン

 

もう結構。

そうなると途端に「重病かも」と言い出す医師。
卑怯です。

その間にも妻から「遅いけど混んでるの?」とか無責任にメールが入ってくる。

 

黙っていろ。

 

その後、採尿したいが出ないようなら尿道カテーテルになる。
あれは痛いから可哀想と言う医師の後ろでやはりウキウキとするインターン

もう「子供の10倍くらい痛めつけていいならいいっすよ」と言いたくなる。

結果、ギリギリで採尿出来た下の子。

 

医師の「良かった」と言う声の後ろでインターン達が「やりたかったなー」とか言っているのを聞いて憤慨。

ふざけんな。いい加減にしろよ。

聞こえるように言ってやり凍りつく診察室。

 

その後、キチンとした検査結果は朝出るから再度朝に受診をするように言われて、そのまま結果が悪かった場合の話になります。

 

入院して貰います。

は?

小児科の入院施設で勧められるのが…

いやまて…

ここと県外になるけどどっちなら良い?

どっちも無理だ…

こんな話から色々と話す事になるが乳幼児で母親の同伴も必要で、最早上の子や自分の仕事、妻の立場は無視で一方的に話される事になります。

ようやく解放されてそこら辺を含めて妻に説明。

 

「え?入院なんて無理!」

妻の第一声がこれだった。
毒親持ちなので上の子の世話をどうするか?と言う話になるが、

  • 自分の親「ふざけんな自分でなんとかしろ」からの向こう10年くらい文句をいわれる。
  • 妻の親、パートが大好きなので休めない云々と文句を言うが欲張りなので上の子も預かりたがる。しかし性質が雑でいい加減で適当なのでちょっとした手違いで上の子を殺すと思う。

これは妻との共通意見。


誰にも頼めない。

 

その後、妻を回収すべく一時帰宅をすることに。

  • 夜間救急に行ったおかげで下の子はほとんど、自分は全く寝ていない事。
  • そこら辺が妻の仕切りから始まっている事。

義母が日中勝手に来て通院と言うと嫌な顔をしたり、虚弱だなんだとディスられたりするのが嫌なのはわかるが、妻自身がしでかした事である旨を話しながら再度病院へ。

 

結果、検査では異常なしで風邪菌が腎臓に影響していただけで、この後はかかりつけに行きたければどうぞと言うことで完全解放?

その後、ノン睡眠からの遅刻出勤で残業までする羽目に…

 

あの日の怒りは相当でした。

 

後日談

散々下の子が嫌な目に遭ったこと、軽々しく夜間救急にかかったら入院を勧められたこと、手詰まりの状況で入院に対処する方法を妻自身が見出せなかったこと、自分がぶちギレていたことなどから妻は夜間救急を控えるようにして、何が何でも日中かかりつけに行くようになった。
まあ、義母からは「夜行ってもらえるならそれでいいじゃない」「それくらい平気でしょ」とかは言われたみたいだが…*3

 

自分は情報の共有と思い、年代の近い妹の為に実家でこの話をした際に親から「大きな病院なんだから仕方ない、そうやって医師も経験を積むんだからいちいち怒るほうがどうかしている」と言われた。

それはまるで弟と自転車屋のオヤジの話をした時と全く同じ展開であった。

頭にきたので「妹の為に情報共有と思っていったが、アンタとは世間話も無理そうだな」と言い放って帰っておいた。

 

buri-hama.hatenablog.com

 

体温計は予備も含めて買っておいたほうがよいと思うので一応貼っておきます。

 

 

余談:検査内容が血液と尿だったはずなのですが順番が実はうろ覚えです。病院でのアレコレはあまりに頭にきたインターンの発言のことばかりが鮮明です。

 

*1:そこそこと書いたのは母体の事を聞かれたりしたから。

*2:「ハーイ、じゃあおあずかりしまーす」だった。

*3:義母は妻実家に行った際に上の子が発熱、後日体温計が壊れていたと判明したが、39.8℃を出しているのに「子供は体温が高いから平気よ、大丈夫でしょ?」「帰る必要ないわね」って言う人