読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

飲み会を私物化する貴方のその理由。

f:id:buri-hama:20161209000121j:plain

 

 

ここら辺の話の派生。

buri-hama.hatenablog.com

 

幹事くんが飲み会の幹事を引き受けるのには理由があります。

それは仕切り倒したいから。

そもそも仕切り倒すことは不可能ですが、チェーン店での飲食を嫌う幹事くん、店選びだけはと幹事を名乗りでたり周りにやれる人が居ないので幹事くんがやる羽目になります。

幹事になった幹事くん。

とりあえず店を選ぶ基準がコチラ

【自分が行きたい店】

【自分が行ってみたいが、1人で行くのには勇気が必要な店】

【割り勘になるから高い店】

呑助、飲兵衛と言うほど酒に強い訳でもなく、でも酒が好きな雰囲気のウンチクを垂れ流し、安酒を批判する幹事くん。

そして美食家と言うほど食通ではないものの、色々なものを腹一杯食べたいとおぬかしになられる幹事くん。

そうなると、その時の欲求に従って店を選ぶ事になる様子ですが周りの状況を見ずに高いお店っていうのは正直困ってしまいます。

変な話、チェーン店でなくても安くて美味しいお店ってあると思うのですが、それが通用しない。

幹事をやるんだから得をしないと勿体無い。

幹事の俺が選ぶところに皆着いてくればいいんだ

俺は、俺の基準で店を選ぶ

 

お願いです。もう少し周りに合わせたセレクトが出来るようになってください。

 

 

そしてチェーン店は嫌いなんだよねと言いながら色々なお店を選ぶ幹事くん。

とは言え昔はチェーン店が好きだった頃の話。

友達の勤め先で短期のバイトをすることになりました。
内容はデータ取りや検証。

 


とにかく時間がない中で沢山のデータを集める必要があったので、友人希望のもと、ツテで知人を数人呼ぶことになりました。

その中には時間のあった幹事くんの姿もあります。

 


ひとしきりデータ収集や検証が終わったのでお疲れ様会をしたいと友人が言ってくれました。
呼んだ知人のなかに、自他共に認める食通?食い道楽の知人が居て、友人の希望が焼肉であったこともあり、繁華街の個人店で和牛食べ放題のお店をピックアップしてくれました。

それをとりあえずで伝えると、テンションの上がるメンバー。
友人もそこからなら帰宅しやすいし最悪仕事が残っていても社に戻りやすいから嬉しいし、和牛食べ放題がそもそも嬉しいとなって話がまとまります。

では、と全員のアドレスを知っている自分がメールをします。

お疲れ様会は知人がピックアップしてくれた和牛食べ放題の焼肉でいきたいと思います。

皆口々に「オッケー!和牛!!」「知人さん、いい店知っててラッキー」と入ってくる中、ここでまさかの返信。

 

 

 

牛角にしようよ」

www.gyukaku.ne.jp


幹事くんです。

もう、メーラーがフリーズするのではないかと思う程の温度差です。

「え?和牛食べ放題だよ」
「食べ放題って言っても高いよ?」

「(当時の)牛角に食べ放題は無いよ?高くつくよ?」
「いや、牛角にしようよ。牛角うまいよ」

「和牛様の方がよくない?」
「個人店より牛角にしようよ」

「友人も繁華街の店なら家にも社にも帰りやすいんだよね」
「繁華街にも牛角があるよ」

「みんな和牛ムードになってるよ?」
「いや、絶対牛角にしようよ」

 

 

 

もう、面倒くさい。

一言で面倒くさいです。
幹事くん以外の皆が和牛ムードになっていると伝えても懲りずに牛角をごり押ししてくる幹事くん。

辟易とした自分は幹事くん以外の全員に向けてメールします。

今送ってる皆さんは和牛に良い返事をくれましたが、幹事くん1人がごねてます。彼はどうしても牛角に行きたいそうです。

すると…

友人「俺、和牛食べたいな」

知人「いや、皆がそれなら俺はそれでもいい、でも間違いなく和牛食べ放題の方がお得だよ」

他の知人達も

「え?多数決で良くない?」

「はぁ!?何言ってんの和牛だぜ?
何が牛角だよ、幹事くん?知るかよ、そんなに牛角に行きたいなら1人で行かせろよ!」

皆、幹事くん以外のメンバーも和牛ムードだったことや、和牛が食べたいことから辛辣やコメントも見受けられます。

とりあえず幹事くんには多数決+言い出しの友人が和牛でと言っているからと伝えて和牛にしました。

 


オチは、散々文句を言い、入店直前まで個人店をディスる幹事くんでしたが、食べた和牛の味や場の盛り上がりから一番喜んでいて、牛角推しだったことを指摘したら逆ギレされました。

多分、彼がチェーン店を嫌がる理由の一端はこの出来事もあるんだろうなと思いました。