読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

3万円の価値の話。

雑談 過去記事再録 エッセイ 書き始めは面白く書けるかと思ったやつ

物欲の話。

今の所、欲しいなと思う物が大体3万円くらいします。
と、言うか3万円前後で欲しいものを探しているので当然の結果です。*1

携帯ゲーム機・PSVITA
ゲーム機・レトロフリーク
自室にテレビ(24型くらい)
ノートPC

大体初期費用(本体価格+最低限の周辺機器(+ゲーム機はソフト))を見ていくとこの位の値段です。

そしてどれもその後の維持費用もネックになりますが、一先ずはそれはそれで除外します。

 


欲しいなと思った理由

PSVITA

ゲーム関係の仕事に就いた友人に言わせると欲しいソフトが3本あれば買って後悔は無いらしく、自分もそれには納得しています。

で、このPSVITAは欲しいソフトは沢山あるので買って後悔は無いなと踏んでいます。

ネックは子供達がやりたがっているので壊されるよな…と言うところ。

 


レトロフリーク

昔のゲームソフトが使えるようになるらしく、これがあれば当分遊べるなと思って欲しくなりました。

変な話ですが、昔のゲームソフトも十分面白いのです。

 


テレビ

自室にテレビが無いのでいい加減欲しいのです。

正直なところ、これは給与を全て家計に入れている以上、家計から出て然るべきものだと思っていますが、妻は自分の為の出費は損失と思っている節があるので何回か話しては居ますが揉めに揉めています。
本来の優先度から行けば高いのですが、ここら辺の兼ね合いから手が出しにくい物になっています。
リビングでテレビを見てから自室でPC作業の流れは時間が無くなる一因で、自室にテレビがあればもう少し生活が変わるとふんでいます。

 


ノートPC

3万円くらいのクラウドブックが欲しかったりします。

作業内容は出先での簡単な作業と時間つぶし、後は写真の確認とネット見るのに使うのでロースペックマシンで構いません。

ハイスペックなんて壊しそうで使えないです。
現状、このマシンを買った場合にはリビングでPC作業をする事でテレビを見ながら作業して時間短縮、時間の有効活用をする目的です。

 


問題とか

PSVITA

先にも書きましたが、買うことで子供達に付きまとわれることは確実ですし、その段階で自分の時間を謳歌すると言う計画は頓挫しますし、やはりやってみたいと言われて渡すことで壊される危機はどうしてもあります。壊された先の修理費用にしても「子供たちに貸さなければ良い、自腹。自業自得」と妻に切り捨てられて揉めることも、子供達が欲しがった際に妻が買う事を認めない事も容易に読めるので気まずい思いをしてしまい、結果満足にプレイできなければ買っても無駄になるのでは?と危惧しています。

 


レトロフリーク

優先度の問題、恐らくこの4つの中で一番買いたい気持ちと優先度が低いこと。後はやり切った先の話とか、何だかんだと飽きてしまい一番終わるのが早そう。

 


テレビ

やはり家計から買うべきではないか?という気持ち、チキンレースの様相でこちらが小遣いを貯めて買った際に妻の目論見通りの結果になる事も耐えられない気持ちが邪魔をするのです。

 


ノートPC

テレビと同じ理由でエアコンやテレビが無いからと買ってしまう事が本当に自分のプラスになるのであろうか?それは結局の所、夫婦で話さなきゃならないところから逃げている気もするのです。

 


3万円の価値

結局、3万円あった場合に自分に何が出来て何をしたいのかと言う点でかなり価値の有る金額だと思っています。

おっさんリーマンが小遣いを貯めるにしても相当の努力の賜物な3万円。

独身の友人等はポーンと出すのかもしれませんが、決めた後も支払った後もモヤモヤしてしまうくらいに偉大な金額3万円。

貯めれば手が出る辺りもまた微妙に絶妙なのですが、結局今のところ、レトロフリーク以外は全部欲しくて順位を付けにくかったりしています。

ではなんでレトロフリーク書いたの?となるのですが…

全部買えなかったときに欲しい

からなのです。

せっかく貯めたので保留と言う選択肢は選びにくく、どうせならとついついレトロフリークを視野に入れてしまいました。

他にも3万円あれば1回5千円の外出が6回出来るとか、フィルムで写真撮って現像も出来るとかも考えたのですが、物欲が勝った今回の結果。それだけ家庭内で逼迫していると言う事なのです。

 


まあ、物欲が無くなった時が死ぬときと思っているので元気な証拠だと思います。

今日も自分は元気です!!!

*1:1万円未満ならちょっと背伸びすれば買えますし、4万円以上は脳内裁判を何十回とやってそれからになります。