日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

続・テレビの話。

 

buri-hama.hatenablog.com

 

先日書いた3万円の話の続き。

やはり給与の全てを家に入れているのに家にあるべきものを小遣いで買うのはおかしいと思う気持ち、妻が得をするように見える現状を放置したくなかったので話をしました。

 

 

  • 上記の通りおかしいと思う話
  • この話の後にムキになったり意地になって「買っていいよ!」となるのではなくキチンと考えて説明をして欲しい
  • もしこのまま妻の考えが変わらずにテレビを自分の小遣いで買った場合で、子供たちとチャンネル争いが発生した際に「家にはテレビが二台あるのだから」と言った旨の発言をしたら許さない
  • フルタイムで仕事をすると言って聞かなかった際に、それでしたらその給与で住環境を整える(テレビやエアコンを全室に備える)ように言って妻も了承していたこと

 

ここら辺を話した。

 

妻は案の定黙り込んだ。

そこも見越して、機嫌が悪くなると思う、君は思い通りにいかないとすぐに顔に出るがと付けて話を続けた。

 

その場は妻が無視する形で終わった。

一時間して、仮にと付けて妻が聞いてきた。

仮に家計で部屋にテレビをつけた場合に子供達が使うことは問題ないの?

これには常識の範囲内であれば問題は無いと言う話をしました。

人の部屋を使う以上程度はあるし、どうしても見たいものがブッキングした場合は、ある程度は致し方ないが妻がポケモンを嫌いだから、ドラえもんクレヨンしんちゃんは見たくないからと言う理由から毎回あっちで見てこいと言うのはおかしい。

妻だけが見たくないからと押し付けるのもおかしい。

後はエアコンも無い部屋で夏は熱中症、冬は風邪を引く可能性がある部屋に毎回行かせる気なら正気を疑う。

部屋で一人になりたい時に、妻の昼寝の邪魔だからとアニメを見るならあっちで見てこいはおかしい。

部屋で一人になりたい等は最低限尊重してもらう必要がある。

別に10回のうち10回尊重しろとは言わないが常識の範囲内で半分程度は尊重して貰いたい。

結果、妻に追い出される形で子供達が自室に入り浸るなら子供部屋にもテレビを置いてもらわないと困る。

何事もバランスです。

と付けて会話はしめました。

 

後出しにはなるのですが、一応補足として書くと、別に家計が厳しくて電卓を叩いて無理があるのなら買って欲しいとは言っていません。

妻自身が自身用で寝室にテレビを置きたい、リビングのテレビを大きくしたいと常々言っていて、熱心にチラシなどを見ているので、ならば優先度から行けばこちらに回すのが筋ではないの?

自身用に家計からテレビが買えて、
他人用に家計からテレビが買えないのはおかしいよね?

と言う話なのです。

まだまだもう少し続きそうですが、また動きがあれば載せようと思います。