読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

なんとなく妻自慢。

妻の話。
妻はSNS上やら当人の居ない所で話題にのぼるコトを超絶嫌がる。*1

実際に会った時に『こうなんでしょ?』とか『⚪︎⚪︎の話って〜』とされるのはもってのほかで、その場は普通の対応でやり過ごすものの、後の怒りっぷりはご想像にお任せしますが、かなりのものです。

さて、自分の周りにはお口のチャックが壊れているかのように、かなりお口が緩くてウッカリ喋っしまう輩が多いので常々戦々恐々としています。

 

『親しき中の礼儀すら持って貰えない自分に問題がある』と書いたら『そうだお前が悪い』と言いそうな方々ばかりで重ねて言いますが戦々恐々。

で、前置きが長くなりましたが、それでもしたい妻の話。

 

妻は凄いなと思ったのは、暴飲暴食をしないコト。

 

酔った翌日に二日酔いで
『神様ごめんなさい。もうしません。だから治して…』
くらい言う所を見て見たいのですが、未だありません。

それと同じくらい凄いなと思ったのは自分を安売りしない所。

先日、妻の実家で壊す墓石に掘ってあった字をPCで清書して残して欲しいと言われ、別の墓石屋に二次利用もしないと言うし、作字も雑でいいと言われ、原稿は五枚あったものの、多分二時間かからずにやれると思ったので別に引き受けてもいいかな?と思っていたら妻憤慨により有耶無耶になる。

 

義実家での

PCイコール→自分
の図式も気に入らないし、ほいほい親の立場で頼めば何とかなると思っているコトもよろしくないし、自分も親相手だからと、軽く引き受けようとしていてよろしくない。

 

これって仕事をする上である程度大事なコトをだとは思うんだけど、自分には実行が難しいこと。

妻は凄いなと思ったのです。

ただ、添えるなら…
仕事に近しいコトで、できるコトを無理とは言いたくない。
ヤレるので無理とは言いたくない。
一枚だけ隠れて作ったら妻に睨まれたのはここだけの話。

*1:更に言えば妻はもうBlogをやっていないと思っているはず。