日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

VB、WU等など地獄。

自機ではないPCの話でオチが付いたので自分のためにも未来のためにもメモ。

同じ目に遭いそうな方は心の片隅にとどめておいてくださいませ。

 

  • WindowsUpdateで半フリーズ状態になる。

このPCはチェックするとかなりの量のアップデートがあったのでアップデートが渋滞してフリーズしていたものと判断。

手動で一個一個再起動を行いながら全部のアップデートを実行。

 

  • それでも半フリーズ。

結局漁っていくとHDDへの異常アクセスが目立つ。
セーフモードではキチンと動くけれど通常モードで半フリーズになる。

これでHDDの故障説はないものとする。

 

  • 検索関係のサービス?を停止させるて省電力プランは廃止。

検索自体は行うのでインデックスを作らないように停止させる。

結局アップデートも行って、ここら辺の高負荷を取り除いてみる。


後はHDDに満足な電力が届いていない場合も考えて電力プランを高パフォーマンスにしておく。

 

  • それでも終わらない半フリーズ。

いよいよHDDの交換も視野に入れてAmazon注文。
会社ってお金あるからHDDがすぐ買えていいなぁって思いました。

 


HDDは消耗品です。

 

症状まとめ

  • 起動時はスムーズ。
  • 起動後数分すると半フリーズする。
  • 半フリーズしてしまうと簡単な入力以外はタイムアウトエラー。

これなのでアップデート関係を怪しんだのですが改善はせず。

 


HDDが届いたのでクローン作成。

クローニングも思いっきり時間がかかるかと思ったが2時間で終了。

この辺りで嫌な予感がしてくる。

 

 

  • HDDを換装してみるものの、症状再発。

起動時から不調になるまでの数分間の間にタスクマネージャーを起動する。
半フリーズするとタスクマネージャーも起動しません。

タスクマネージャーからリソースモニターでHDDにアクセスしている怪しいプロセスを確認してみると。

coreServiceShell.exe

が出てくる。

なんじゃお前は?

ググって見るとウイルスバスターの機能で、しかも「coreServiceShell.exe」プロセスのCPU使用率が高くなるとか言うページまで出てくる。

 


嫌な予感がしたので読んでみてVBを終了してみる。

 


改善

 


…orz

これかー。

気になったのはVBのヴァージョン。

自分が殆どのPCを設定しているので基本的にヴァージョン8を使っていたハズながら、この本体は10。

社内のPCをチェックすると仕様&使用目的違いのPCで10は確認できたものの、それ以外は8。

 

多分、朝っぱらからVBを最新版にしようよと広告が日々出ていたから間違えてクリックしてしまったものと思われる。

結果、アンインストールして再度CDから古いヴァージョンを入れなおして改善。

 


交換前のHDDはゴミ満載、アップデート渋滞等にVBが常時アクセスしていた事もあってギリギリ健康体だったので故障前に交換できて良かったと言う事にした。

後は気になるポイントも見かけたので後日改善案の草案として提案してOKもらえた。

 


セキュリティソフトのチェックかぁ…久しく不調時に怪しまなかったからなぁと反省。

 


とりあえずVB使いの皆様と自分のためにメモとして書いたところで思い出す。

 

 

 

ああ、友人がこの前これで苦戦していた話をしてくれていた気がする…。

 

 

「coreServiceShell.exe」プロセスのCPU使用率が高くなる | サポート Q&A:トレンドマイクロ

 

 

プログラムが大量のファイルにアクセスした際に、「CoreServiceShell.exe」 プロセスのCPU使用率が高くなる場合の対処方法 | サポート Q&A:トレンドマイクロ

結局何年経っても解決していない様子で忌々しいし、次回候補から外すことも視野。