読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

お客様気分満載だよアラフィフ。

髪は抜け落ち、膿を吐き出し続けるできものに苛まれた原因を作った自分がストレスの種と呼んでいる男の話。
入社当時から香ばしい感じを出し続けたこの男。

 

とりあえず業務内容の変更に伴い、社内PCを増やすことになった。
入れ替えではなく増やすのは業務内容が変わるからと言って今までの業務がなくなるわけではないのでコレは致し方なかった。

今までのPCに振り分けていた名前も、担当が違う状況で都度増やしたせいで統一感があまり無いので、これを機にニューマシンだけは統一感のある名前にする話をしていた。
当然、ストレスの種にも散々説明もした。種は意識高そうな相槌で了承をしていた。

そしてPCが納品されセッティングの段階になる。

種は面接の際にPCのセットアップもやれるなどと言っていたので実力を見るためにもやらせてみたところ…

「え?やってくれないんですか?」とのたまった。

正直耳を疑った。

お前は半分研修期間みたいなもので特別急ぎの案件もない。こちとら通常業務にお前の世話付きだ。何を言うのであろうか?

とりあえず「お前はセットアップ出来ると面接時に言っていたよな?」と言うと「古いOSだけでwin7はやったことがない」と言う。
「やれるんだろ?」と再度聞くとブツブツと文句を言いながら「やれる」と言う。

このやりとりだけで嫌な予感がした。

やった事がないからやれない

この台詞を仕事で使う人間にロクな奴は居ないと言うのが持論です。

やった事ないことはやれないのなら人生何も出来なくなるなと思うが、こう言う輩はやりたいことになると率先してやりはじめる。

結局はやりたくないし、お客様根性丸出しでやってもらう気満々。

さらに言えば年齢が上の自身が偉いとでも思っているのか、雑用的なものは年下の自分がやれば良いと思っているのか、新人→新しく仕事を覚える必要がある為に説明をしたりやらせたりするがとりあえず、勝手に取捨選択をする。

やる気なくなるわー。

そしてPCのセットアップ時に物凄く驚いたのは散々説明をして序列順にPCにナンバーを振る説明をして種も了承したにも関わらず奴は自身のPCに「1」のナンバーを割り振りやがった。

まるで自身が一番だと言わん勢いでドヤ顔していた。

とりあえず注意をした。
有耶無耶に済まそうと「ふにゃふにゃ」と意味不な供述を述べた後、ハッキリと「もう付けちゃったので」と言い勝手に話を切り捨てやがった。

再セットアップか名前を付け替えろと言っても要求を無視し続ける種。
自身のマシンのナンバーが1になると思っていた上司は不満をあらわにした。*1
状況説明をしたが、自分のせいと言う上司の小言を聞いている間、種は視線の先でほくそ笑んで上司の小言にあわせてウンウンと頷いていた。

この勘違い野郎は敵だ

最初の週にもかかわらず既に敵認定をするしかないこの種

とりあえず意味を求められた結果、PCのナンバリングは序列順からセッティング順に変わった。

しかし最初の週にコレなのでこの先にはもっと沢山の厄介ごとが待っていた。

*1:自身がナンバー1では無いことが嫌というより、PCのセットアップ如きが当初の予定通りに進まない状況への不満