読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

SNS気持ち悪い。

先日の集まりの中でSNS(主にFaceBook・以下FB)の話題になった。

そもそもは来れなかった友人はFBが大好きであったために、来れなかった友人の話からの流れでFBの話になった。

 

集まった友人達は全員SNS嫌いでFBメインの話であってもSNSやだよなー」と言った会話になっていたので、SNSと言う書き方にしています。

 

来られなかった友人と以前会った際に「コレ見てくれよコレ!」と鼻息を荒くしてスマホを見せてきた。

画面の中で、共通の友人(集まりに参加していた友人)の名前のFBアカウントがあって、友人は「珍しい名前だからきっと彼だよな!彼だと思うんだよ!!」と鼻息荒くして話してきた。*1

 

そんなスマホを持ってきた友人のイメージとしては尻尾を振って喜ぶ犬の感じで、FB大好きな友人がどれだけ誘ってもFBをはじめなかったSNS嫌いの彼がFBのアカウントを作っていた事に大歓喜していた。

一応、プロフィールがスカスカであったことと、いくら珍しい名前だからと言って同姓同名の可能性も指摘し、職場でアカウントを持つことを強要された話も知っていたので*2、そこの所も伝えたが、あまり声が届くことなく、勤務先の名前や勤務地で本人だと思うと断定していた。

 

彼に「FB大好きな友人から友人申請きてないの?」と聞いてみたが、回答は「知るかそんなもん。無視だ無視。気持ち悪い何が友人申請だ」であったが、そこから話がFBの話になった。

 

彼に言わせると、20年近く縁のない人が「友人かも」に表示されるのが酷く気持ち悪いと言う事であった。

自分もFBのアカウントは持っていて、そこに「友人かも」で前の前の携帯の電話番号で登録しあった知り合いが表示されているのを恐ろしいと感じていたので、話は一気に盛り上がることになる。

 

その時彼から「え?じゃあ、お前のところに俺のことも「友人かも」って出てきているの?」と言われたが出てきていない。

出てないの回答に「じゃあなんでFB大好き友人の所には俺の名前が出るんだよ?こえーよ」と言う彼。


だって、大好き友人さんは時間があると知り合いの名前で片っ端から検索かけているもの。*3

そう伝えるとドン引きのSNS嫌いの友人達。

 

そこで自分の話。
写真を無尽蔵にアップロードして保管出来る点を評価して試しにFBのアカウントを登録してみたが、異常な量の「友人かも」に恐ろしくなり「やっぱり退会だ退会」とやろうとした時には、この大好き友人から申請がきていて、断れないままに今までズルズル続いているのよと言う話をした。

話を聞いて友人達のドン引きも加速。


そこで一個思いついた自分。
一緒に居た別の珍しい苗字の友人に、FBのアカウント作って実験してみない?と持ちかけてみた。

 

普通、珍しい苗字なので詳しいプロフィールさえ入れなければ友人かもにも出ないでしょうし、検索でもしない限りヒットすることはない。

そして完成から5分が過ぎたところで退会処理を行うのよ。

それまでに大好き友人から申請出されたらアウト。逃げ切れたらセーフってどう?
と持ちかけてみたが

 

絶対に嫌だ
と強く断られた。
残念である。

 

では…とあらためて彼にFBの画面見てみて大好き友人から申請来ているかチェックしてみない?と持ちかけてみたが、「やりかたわかんないからヤダ」「間違って承認したら気持ち悪いからヤダ」「一生見ない」と一蹴されてしまった。

残念である。

*1:イメージとしては太郎ではなく汰呂有みたいな奴

*2:強要部分のみで実際に作ったかどうかは知らなかった。

*3:本人談