日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

種がいない生活。

あとがき書いた後ですが、良くも悪くも書けそうでしたので書いてみたいなと思いました。

種が居なくなって一ヶ月が過ぎてみての感想です。

 

体調面

あとがきでも書いた通り気づいていなかった心の負荷が軽くなったおかげで朝からフットワークが軽かったりします。
春先のコレは幸先良くていい感じ。

 

仕事面

やはり多少なりとも手が2本分足りない忙しさはあるので昨日なんかはここ最近では珍しいくらいにヘトヘトになりました。

後は、予想以上にルールを無視した仕事ぶりで、一度はこの様式で納品をしてしまっているので、今更「辞めた奴が勝手なことをしていて・・・」とは言えないので、想定の範囲以上に手間と時間を持っていかれることが判明しました。

 

時間

今の所、種がいた頃のリズムと同じになるように努力はしています。
ただ、上の仕事面の通りヘトヘトなので空き時間が出来てもブログに向かえずにヘトヘトになっています。

 

種無し生活

会社での事なので仕事面に通じるものがありますが特筆したいのです。

やはり気持ちが楽です。

  • 仕事をしていても後ろから覗かれる心配もないし、共有サーバー内に保存してあるデータを引っ張り出してきて粗探しをされる心配もない。
  • 電話先でひたすら謝る姿にクレームに発展しないかを心配する必要もない。
  • 庶務業務が発生した際に毎回自分が受け持つのもおかしな話なのでやはり回すべく話をしなければならないし、種からされる「やらない為の必死の拒否」など予想通りの回答にもいちいち注意しなけらばならない等の厄介ごとがなくなった。
  • 共通ルールの遵守を徹底するように言う必要もない。
  • 共通ルールをわざと守らないで喧嘩売られる心配も後始末する必要も説教する必要もない。*1*2
  • 奴がロッカールームの方に行く度に私物を漁られているかもと気をもむ必要もないし、席を立っている間に勝手にPCを触られる心配もない。

ああ・・・なんて気持ちが楽なんだろう。

そして書き出してみると何て気持ちの悪い話なんであろう。

これ、普通の会社での出来事です。

アラフィフのオッサンがしでかしてきた極めて普通の日常風景。

 

本当に居なくなってくれて気持ちが楽になりました。

 

 

buri-hama.hatenablog.com

buri-hama.hatenablog.com

buri-hama.hatenablog.com

buri-hama.hatenablog.com

buri-hama.hatenablog.com

buri-hama.hatenablog.com

 

*1:ファイル名の共通ルールでWindowsも最近は緩くなったのですが、MS-DOS時代やWindowsの98辺りとかの昔は駄目な文字列(今は好ましくない感じの文字列)をわざと使ってくる。使用上の問題を告げて直させようとすると「へぇ、理由知っているんだ」と馬鹿にされた上で直さないので、こちらが直すか直すまで説教するかしかない。しかもこれがしょっちゅうあって厄介だった。参考:ファイル名に使わない方が良い文字

*2:簡単に問題点を書くとPCが壊れてHDDを抜き出してデータをサルベージする際に好ましくない文字列のファイルが復旧失敗する恐れがあったりする。