日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

携帯とタブレット端末とテレビと携帯ゲーム機。

卒業式の後、急に子供が携帯を欲しいと言い出してきた。
妻経由で話されたが遂にきたかが本音であった。
周りが持ち出したから欲しいと言う話であったが、上の子の生活内容からすれば携帯不必要人生なので無論拒否をした。

 

子供からは拒否の理由を求められたので以下の説明しました。

  • 端末を買えばオッケーではなく毎月お金がかかる。誰が出すの?と聞いてみた。
  • 家の中にいる場合は固定電話でオッケーであるし、外に出ても上の子の外出は運動の為なので携帯電話は邪魔だよね?と聞いてみた。
  • 使用目的がゲーム機に近いよね?と聞いてみた。
  • タブレット一個使わせているよね?と聞いてみた。

そこら辺の理由により携帯電話には拒否をしたが、専用のタブレット端末を自腹で購入して持つことには賛成をした。

欲を言えばやっすいPCを持って欲しいとすら思った。

 

別段、家の中でWi-Fiが使える中での通信であればゲームであろうがメールであろうがやりたければやれば良いのです。

 

正直この考え方はテレビと携帯ゲーム機に近いものがあって、自分はテレビと携帯ゲーム機であれば子供に携帯ゲーム機を渡すようにしています。
テレビは際限なく見られてしまうので正直時間泥棒であったり、ながら行為を許してしまうものと思っています。ゲームで言えばテレビに集中していて大事な説明を読み損じている事が多々あるのを知っています。親はしっかり見ているものです、

 

我が家では携帯ゲーム機はバッテリー切れまで使用可能で、充電しながらのゲームは禁止にしているので時間にメリハリが出来ました。その点からも子供にはテレビより携帯ゲーム機と思っています。

なんらかの制限の中で子供なりの使い方を見つけてくれたら親として幸いなのです。