読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

時間がないは言い訳なのか。

趣味の話。
インドア趣味が2件、アウトドア趣味が2件ありますが、アウトドア趣味はこの1年間全くやれていません。

ここでタイトルになるのですが、時間がないは言い訳なのかとなります。

一昔前の尖っていた頃は言い訳だと思ったりもした訳ですが、今現在はそうとも言えず、とりあえず今現在何故やれていないのかを考えてみた。

 

 

どの趣味もながらでは出来ない。

辛うじてアウトドアの二つは共存が可能かも知れない。
ただ、可能なだけで好ましくはない。
どちらかを立てればどちらかが立たなくなる。
インドア趣味は完全に共存は不可能でダメなもんはダメである。

 

天候に左右される。

アウトドア趣味は勿論のこと、インドア趣味もバレそうであるが天候に左右される。

時間が取れた日に天気が雨で残念でしたとなることも。

 

コスト問題。

どの趣味もお金がかかる。
優先順位と言うか、趣味の回数で言えば多分一度に使う金額に左右されている気がする。

 

処分して清々する。

全くやれなかった趣味の機材を処分して清々してしまう事を書きながら考えてみたが、それはどうにもしたくはない。

結局の所、好きではある。

 

ではなぜ出来ないのか考えてみた。

アウトドア趣味だと、週末出来そうだった場合には翌週以降の仕事の予定を一番に考える。

繁忙期に趣味が原因で仕事にダメージを与えると言うのが一番のネックで、そうでなくとも冬場はインフルや腸炎、風邪などを持ち帰るリスクを考えてしまい尻込みすることとなる。

後は家族を置いて出かけることへの後ろめたさもある。

妻は無趣味だが人が趣味に没頭するのはよしとしない節がある。

子供達もアウトドア趣味は今でこそ違うものの一時一緒に盛り上がった仲なので置いていくのも申し訳ない。着いてこない場合にしても今度は妻が面倒を見ることを考えるとこれまた申し訳ない。

 

はたしてコレを時間がないと呼ぶのであろうか?

「時間があれば」を更に砕いてみた。

時間があればの前後に言葉をつけると自分の中での理由になった。

・家族サービスの後に時間があれば出かけられる。

・風邪を引いても治るまでの時間があれば出かけられる。

 

とは言え、インフルや腸炎のネックは解消できていないので冬場の外出は難しいと思う。

 

…最後に思い出したネックな理由があった。

 

外趣味を決行する厄介さ。

基本的にひとり趣味外出は嫌いではない。

ただ、出かけた後に共通の趣味の友人に「誘ってくれよ」と言われることが多々ある。

次回友人に持ちかけても、そこではなく別の所にだのなんだのと余計な茶々が入る。

…一人だと朝の機嫌や体調、更には天候で決められるが、約束しているとそうもいかない。

いちいちどうするのかと連絡が来て、気付くと幹事にしようとする流れに巻き込まれて散々な目に遭うことになる。

 

 

ここら辺でどうしても気乗りしなくなって、去年は散々だったんだなと気付きました。

今年の改善項目だと思う。なんとかしようっと。