読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

ダメ元で声かけてよ。

「ダメ元で声かけてよ」

集まりごとを阻害する悪魔の言葉。

 


「みんなで集まるならどんなのでも行くから声かけてよ」と言われるのも実は重く感じるけれど、「ダメ元で声かけてよ」と言われるのが一番嫌。

 

結局、取捨選択権は相手側にあって相手側の事を考えて集まりを考えなければならなくなる。
そもそもは無意識なのかも知れないが相手側が一段上に居てこちらがもてなす企画を立てている感じになる。

ありえない。

この関係がこじれてくると、ただの出席拒否ではなくなって、集まり自体を否定されるようになる。

 

今回、一つの集まりを立てました。
集まりに際して、メインの友人と自分だけで集まらないかともちかけました。
友人は集まるならみんなで集まりたいタイプなのは知っては居たものの、周りの状況を見ると呼べない友人や呼んでも来られない友人。
後は会自体を否定する友人も居てそこら辺の事情も説明した。
友人は納得をしてくれたが、なんとなくモヤモヤしたのでネタにしておきました。