読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

恋愛とスポーツとラーメンチャーハン。

先日の続きと書いても良いのかも知れません。*1
上の子にBくんの生き様を説明して、彼は結婚の為に自身を変えるべきか否かの話をした。

 

人の事では考えにくいので、まずは先日「月曜から夜ふかし」で一緒に観ていた、ラーメン屋さんのチャーハンの話をしました。
簡単に書くと、そこのラーメン屋さんは高齢や健康上の理由もあってチャーハンを売りたくないのですが、ラーメンよりもチャーハンが人気で客が入ってチャーハンの注文ばかりが入る。
このお店の場合、店主の健康上の理由等があるのでBくんの話とは少し違うのですが、周りがBくんに求めているもの《チャーハン》はBくんが売り込みポイントにしていない事。
本人が売り込みたい《チャーハン以外》を目的にする人がいない事。
そこら辺が似ていると思ったので説明に使ってみた。

上の子の答えは自身のスタイルは変えなくて良いであった。

妻は人が変わるのを待てないから自身が変わるべきだと言っていたが、上の子は自身の人生なのだから好き勝手に生きて良いはずだと言い切った。

 

では…として、ラーメン屋さんの場合には生活がかかっている。
Bくんの場合でも結婚を諦めていなく、自身を好いてくれる人を待っているが今のままでは望みは少なく、将来無縁仏になるか否かがかかってくる話をしたがやはり上の子は今のままで良いと言っていた。

 

ならばと例えが未だ他人の話であったので上の子自身になぞらえてみる事にした。
上の子がやり始めたスポーツで最低でもベンチ入りをしたい。出来るならスタメンになりたい。

今の希望ポジションではそれが難しく、試合に出る為にはポジション変更をしなければならないし、ポジションを変えればチームも勝てるようになり、周りのメンバーも上の子のポジション変更を求めている。
そう言う話で聞いてみた。

 

上の子の答えは、

そうまでしてポジション変更をしたくない。
それならば選ばれなくて結構、勝てなくて結構。

と言う答えが返ってきた。

 

…なにがそこまでさせるんだ!?
最早脳内はBくんの事ではなく、上の子のこの頑なさはなんなんだ?
中二病中二病なのか?
そりゃあもう中学生になりますし、時期的にも中二病も致し方ないが、チームが勝てば万々歳だし自身が変われば自分もスタメンでチームも勝てるようになる。

 

それの何が不満なんだろうか?

とついつい考えてしまった。

 

ただ、オッさんになった自分には上の子の心境がわからなかった。

それこそ先日のCくんのコメントではないが
プライドなんて邪魔
である。

 

…ここでピーンときました。

Bくんに会ったときにでも聞いてみよう!
そうすれば諸々が解決する気がしてきました。(あれ?)