読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

掃除の日顛末。

少し前の日曜日は掃除の日と言うような内容でした。
思った事とか驚いた事があったのでネタにしようと思います。

 

経緯

妻と車で外出中、前から真っ直ぐ飛んでくる鳥が居て嫌な予感がしたら、案の定車に思いっきり大量の糞をかけられた事、妻が仕事に傾倒して家事(特に掃除)をおろそかにして居て家の中が悲惨な事になっている事。*1

元々は家の掃除をしようとしたがその前に出かける場所もあり、その際に鳥糞攻撃を喰らったので洗車→掃除の順番になる。

 

洗車

可もなく不可もなくいつも通り。
子供達から高圧洗浄機使わんの?と聞かれたがクローゼットの奥地、もっとわかりやすく書くのであれば駐車スペースから1番離れたクローゼットなので出したくないと拒否。
簡単洗車で済ませたのでとっとと終了。

 

掃除

トイレ

とりあえず自分はトイレの惨状が許せなかったのでトイレ掃除を始めたが、あんまり効果が見られないくらいの汚さで黒ずみが何をしても落ちやしない。
1500番の耐水ペーパーで擦れとかあったがうちには1000番しかないので断念。
黒ずみ以外の掃除は自分でして黒ずみは妻に委任してその間に別の掃除へGO。

 

洗面台

引っ越し当初はチキンレースの様相で諦めた自分が掃除をしていたが、それも良くないと思いこの1年は妻に譲渡してみたらこの結果。
水口がとにかく汚くなっていたのでマツイ棒を作って掃除をした。
そこそこ改善したがまだまだ汚れが残っていたのでココで我慢の限界。

高圧洗浄機GO!!

と言う事でクローゼットから高圧洗浄機を召喚。

子供達からは「結局出したのね」と突っ込まれる。
高圧洗浄機が出てからは圧倒的でした。
水口の汚い詰まり等は瞬殺されて流れて行きました。
細かい隙間の水アカなども綺麗さっぱり流されます。
水口に至っては引っ越し当初、あの頃の様な綺麗さに戻ります。
高圧洗浄機を使った影響で、水がはね返って汚れが飛び散った後の始末があって、それはそれで大変ですが自分は仕上がりの綺麗さから使うことを選びます。
そして車のこともあったのだからもっと高圧洗浄機を早く出しときゃ良かったなとプチ後悔。

 

風呂場

こちらも普段の掃除では取りきれない水アカや排水口のヌメリ等を高圧洗浄機で落とします。
浴槽に隠れていたバイオフィルムも気持ちよく退治完了。
風呂場は途中子供達に変わってもらい、後を任せたのですが掃除後に入浴をした子供たちの「今日の風呂は何か一味違うんだよね〜、気持ち良かった〜」と言う調子の良い発言には笑えました。

 

負傷と言う名の余談。

高圧洗浄機はその名の通り高圧で威力が凄いので軽いものは固定しないと対象物が吹き飛ばされるのですが、排水口なんてものは固定が面倒なので片足で踏みつけて高圧洗浄機を向けてしまう訳ですが、ついついやり過ぎて足に当てたら足の指(皮)が水圧で切れました。
切れたと言うよりは水圧で擦りむけたと言った方が良いような怪我でスゲー痛かったです。
これにより風呂掃除は子供達に任せたのですが…
高圧洗浄機の取り扱いにはお気をつけくださいませ。

 

 

 

 

 

*1:普段は妻を立てる形で掃除には介入はしないようにしている。