日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

【過去記事】妖怪ウォッチプレイ感想。【ゲーム感想】

www.youkai-watch.jp

下の子から借りた、妖怪ウォッチがひとまずスタッフロールまで見たので感想。

クリア時の時間は26時間45分。
遅いのか早いのかは正直わかりません。クリアメンバーは居るのかな?

まさむね/オオクワノ神/もうせん和尚/ズキュキュン太/なみガッパ/虫歯伯爵

以下に良かった点、悪かった点と感想を書いていきます。

 

良かった点

作りこみが凄い。

MAPの作りこみが凄くて正直街を探索するのは楽しかったです。
赤信号の信号無視のペナルティや雨天や夜間等の細かい作りこみはRPGのフィールドとしては文句なしだったと思います。雨の日の格好とか夜間の自転車のライトとかそう言う細かな作りこみは一度見てもらいたいもの。

 

悪かった点

3DSを意識した機能等がとにかくテンポを悪くする。

野良妖怪を街中で発見する際に妖怪レンズだったかな?で探す作業が正直苦痛で3日目頃から極力やらないようにしました。
後は致命的だと思ったのが戦闘時の技やおはらいの際に3DSをふんだんに使わされるので戦闘を目で追えずに気づくとピンチになっている事も多々あって不満でした。個人的には十分にレベルを上げて技などを使わずに勝てるようにして先に進む事でここら辺の不満を無視するように持って行きましたが、多分そうじゃないんだと思う。

 

感想

最初に書くと、妖怪ウォッチは多分自分には合っていなかったんだと思います。良い点として書いた作りこみ云々自体は本当に良かったのですが、正直MAPが増える度に消化不良を起こして探索が雑になっていきました。実は学校の中なんて必要最低限しか歩いていません。ただ作りこみレベルとしては見事なもので、出来る事ならRPGをやられる人には一度歩いてもらいたいと本当に思っています。

ただ、一部MAPの作り込みが凄すぎて道が見つけられなかったほどなのは正直どうにかして欲しかったかも。かげむら医院の3階とかどこかに情報載っていたのかな?

ダンボール戦機の時も思ったのですが移動手段が酷いのでテンポとバランスを著しく損なって嫌になっていくので、今回の自転車やうんがいきょうはかなり良かったと思います。
ただ、ダンジョンからの脱出が相変わらず見当たらないペルソナ状態なので「帰る」コマンドとか用意してあったらかなり化けたんじゃないかと思っています。

戦闘には一番不満が多くて、全てAI戦闘でこちらは大まかな狙いの指示出しとアイテムの使用、必殺技の用意、とり憑かれた仲間のおはらいしか出来ないせいで、無駄な行動から無駄死にされたりとストレスが物凄かったです。

一つ一つは面白い考えなのですが、この必殺技やおはらいの酷い点は下スクリーンで作業をしている間も戦闘はしっかり進んでいて、上画面をほとんど見る事無く戦闘が終わってしまう事。これで終わると達成感より疲労感の方が強いんです。一番嫌だったのは、ラスボスになるのかな?奴が頻繁にこちらの仲間にとり憑くので一体ずつおはらいをしている間に戦闘が終わってしまった事。

もう最終戦闘の緊張感も高揚感もなく、作業をしていたら終わっていた徒労感や疲労感ばかりでした。

後は原作は子供に少し見させられたので違和感としては妖怪を大辞典に送るのではなく、仲間の妖怪は全員出撃可能にしてくれていたら仲間にする楽しさや意味等がもっと深まったのではないかと思います。正直6体のみで戦うとか持っているのはメダルなのでもっと数を持ち歩いて戦闘不能になると即座に次の妖怪が出て来るようにしてくれたらこの戦闘システムでも受け入れられたかもしれないです。

と散々書きましたが、ゲームの完成度としては高いところにあると思いました。

周りでやってみようと思うという人が居る場合には勧めてしまえる程です。

評価・100点満点中75点と言ったところだと思います。25点は戦闘や探索など3DSの機能をフルに使うせいでテンポが悪くなる所で15点と、ダンジョンからの脱出手段が乏しい所で7点。戦闘で手持ちメダルを全部出せないところで3点といったところです。