読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

余計な先回り。

ストレスの種が残していったトラブルの種が今日も元気に芽吹いていて迷惑している。

 

各種交渉を嫌がった種が秘密裏に行動をしていて非常に困った。

これが件名に使った「余計な先回り」で今現在本当に迷惑をしている。

 

永年契約では無いが、固定で頂戴していてミスさえしなければ問題の無い仕事がある。
最近になって、不況の影響などが出てきたからか納期日数などを気にするようになってきた。

 

多分、かかった時間を減らして早く終わらせて、一件あたりの日数を減らしてトータルの仕事量を増やして人減らしをしたいものだと思う。

 

当然、我々の元にも納期交渉がくるようになった。

 

とは言え、そこには意識の差もあって同じ会社でも担当者の方によって言う言わないに差があるので言われた時にのみ対応する事で済ますことにした。
これが担当者の方が全員納期交渉を言い出したら、こちらも上司が出向いて行ってスケジュール交渉に入るがその時では無いのでスルー。

 

そこで種が文句を言い出してきた。

「毎回交渉されるのが嫌だから先に納期を短くしよう」

無論、「馬鹿か?」と拒否をした。
結局、今は3日の納期だが言われるのが嫌で2日にしてみて繁忙期などのやり切れない時にはどうするのか?

真っ先に「無理〜。上司が土下座でもすればいい」とか言い出して逃げ出すのは種である。

 

後は3日の納期が2日になることはあるが3日の納期が1日になることは無い。

しかし2日になった納期は1日になる可能性がある。

先も読まずにお前の楽したい根性の為に危険を犯せるか!と突っ込んでおいた。

 

周りの意見も同じで「言われたら対応」「余計な藪を突く必要はない」であったが、種は隠れて自分だけは未交渉の担当者の分まで2日で渡すようにしていた。

 

結果は当然の「この前は2日でやれたのに何で今回は3日なの?」と言う話になり、社内で一悶着あった。

 

種の言い分は案の定「特定の人からだが毎回交渉されるのが嫌だった、誰が何日なんて覚えていられないから全員一律で納期を減らした」であった。

 

全体に迷惑をかけた事を詰めたが「別にヤレるでしょ?ウヒャヒャヒャヒャ」と笑いやがった。

 

ここで2日を1日にしろと言われたらどうするつもりだ?やれるのか?やりきれるのか?と聞くと「そんなの無理ですよ〜ウヒャヒャ、その時には上司が頭下げて『出来ません』って言えば良いんですよ。仕事なくなっちゃう?そんなの上司の実力次第ですよ、俺知らないウヒャヒャヒャ」であった。

 

結局種はやり切れずに辞めていったが手元には2日にされた納期仕事が日々沢山困らせてくれている。

 

更には種が辞めた後で判明したが、前年度から引き継いだ仕事でお客から言われる前に料金交渉に応じる形で用意されていたデータばかりが出てきた。
言われたら対応すると言うルールを無視して初回から安く作ってしまっていたので、今後はこの体裁で用意する事が常態化してしまっていて、本来なら満額貰えていた仕事も言われる前に割り引く羽目になってしまっていた。

 

この余計な先回り、お客の為と言えば聞こえは良いが交渉を嫌がる自身の為であり、何より勤め先の為になっていない。

日々忘れたいと思うが仕事は日々くる。
この案件のある限り種への恨み事は尽きない。