日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

喫煙場所の話。

最近、ニュースなどで目にする受動喫煙の話。
自分はタバコが苦手で近くで吸われたり吸った直後の人が周りにいると咳が出るタイプなのでタバコ好きな人には申し訳ないのですが、完全分煙歓迎、完全禁煙大歓迎だったりします。

 

さて、路上喫煙禁止条例の看板を目にしますがあんなん誰も守ってなくね?と思う今日この頃ですが、前々から通勤経路で気になっているものがあります。

 

個人が用意している簡易喫煙スペース。
アレは果たしてアリなのか?と言う事。

 

自分が目にした簡易喫煙所は駐車場の一角、車一台分のスペースに灰皿を置いて「喫煙所」の看板をつけているのですが、それ無許可じゃね?と言うクオリティではあるし、恐らくオーナーがヘビースモーカーで今の路上喫煙禁止条例に反抗しているからやっているのではないかと思うのです。

 

毎朝通ると煙くて咳が出てしまうのであまりに人がたまっている時は道を変えるようにしていますが、1日多くて数分の通行人の自分ですらコレだけ煙いので、近所の人達はと言うとゴミ出しマダム達が井戸端会議でいつもディスっています。

 

通勤経路に簡易喫煙所がある事への個人的な問題としては
一つは道路が白む程に煙くなる事。
時折キチンと消さずに灰皿にタバコを投下する人が居るようで灰皿から煙がモクモクと出てきていたことも。

もう一つは簡易喫煙所で喫煙を始めるのではなく、家などから路上喫煙を初めて簡易喫煙所でタバコを捨てていく人間が居ること。
簡易喫煙所が煙くなるのは簡易喫煙所なのである程度の理解も覚悟も出来ますが、その近所で急に出会い頭に煙が直撃することもあり、それは予測をしていても仕切れない日もある訳で、そう言うことが益々喫煙者を困らせるのではないかな?と思っています。

 

煙の出ない噛みタバコが主流になってくれたらみんな困らないのかな?と思いながら締めさせていただきます。