日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

スネ夫はのび太を呼びたいのか呼びたくないのか?

先日、友人と会った際に別の友人を呼びにくい話になった。

話の中で呼びにくい点をピックアップして説明をしてみたが、終わってからふと思った事がありました。

 

思ったのは、スネ夫のび太を呼ばないのは単にスネ夫の性格に問題があって呼ばないのか、はたまたのび太に改善してほしい点があるから呼ばないのか?と言う事。

 

性格に問題がある場合は致し方ないしこちらから願い下げではあるが、のび太は懲りずに着いていけると思っては毎回ヒドイ目に遭い、泣きを見ている。

そうではなくてのび太に問題がある場合ならスネ夫が拒否をするのもわからなくはない。

 

まあ、一応書くのならばワザワザのび太を呼ばずに勝手にジャイアン達だけ呼びつけて、ドライブでも南の島にでも繰り出せはいい。

 

あえて呼んで断る事でのび太に注意喚起をしているとして考えた場合にはスネ夫はいい奴なのかも知れなくなる。

 

のび太はドジなので大概何かしらをやらかすし、周りに迷惑をかける。
それならば呼びたくなくても仕方ない、さらに言えばのび太が居るとジャイアンの機嫌が悪くなって空気が悪くなりかねない。

なんだか凄くのび太がお呼ばれしない理由がわかった気がした。

 

一通り話した頃、友人が例の友人に呼ばれて居て後日会うことになったと言い出した。

自分はと言うと呼ばれても行かずに居たら呼ばれることも無くなったのでその集まりは初耳で、とは言えショックも何もなく「良かったね、行ってらっしゃい」であった。

 

こちらにも呼びにくい理由があるのて呼ばない訳だし、向こうも金額面云々とは言え自分が来ない以上呼ぶこともなく。

 

そんなもん

で片付く話です。

 

願わくば、自分らしく生きた結果にみんな満足出来ますように。
のび太スネ夫の思い通りになってまでお呼ばれに注力しないで欲しいし、スネ夫も上から目線で呼んでやるから言うことを聞けと言わないように、呼びたくなければ呼ばなければ良い、呼ばれないから媚びる必要もない、それが当たり前になって欲しいと思いながら締めます。