日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

終の住処を手に入れた理由。

現在、絶賛ローン返済中で家を持ってます。

「家は買わない方がいい」「家は買った方がいい」と言う意見があるので我が家が買うしか無かった理由を書こうと思います。*1

 

 

  • まず一つ目は妻以外は物欲の民なので賃貸の広さでは狭くなってきたこと。
  • 二つ目は今以上のサイズや家賃の物件に引っ越す場合にはとして、妻がかなり意味のわからない条件を出してきたこと。
  • そして三つ目が一番大事で、周りにペコペコと頭を下げて生きていきたくなかったから。

 

 

賃貸では手狭になってきたこと。

子ども達との趣味もあり、自分の荷物が多かった。

妻の荷物が少ないとは書いたものの実際結構ある。*2

結局、ミニマリストでないと生活できなくなってきた感じ。

 

妻が出してきた条件。

  • 終の住処が手に入れられない場合には賃貸の家賃すら勿体無いので団地などで生涯を終えるつもりだと言われた。
  • 団地住まいは覚悟しているくせにマンション購入は集団生活・近所付き合いが苦手なのだから候補外。*3
  • 部屋数が増えて大きな家になっても今の家賃以上は払いたくない。

もうありえないと思った。

正直一緒に頑張るのではなく、妻の条件に振り回される形で自分が身をすり減らす思いで、当時はこの女は地獄に落ちるであろうと思ってしまったほど。その話はまた別の機会にできたらします。

 

頭を下げて生きるという話。

自分の不始末や感謝の意味での頭を下げる事は問題ないのです。

ハッキリ言うと、普通の人が負わない事柄で頭を下げざるえない状況が嫌で嫌でたまらなかったと言うこと。

賃貸物件の場合、基本的に連帯保証人の欄に名前を書いてもらう必要がある。

ここに普通では考えられない事が発生する。

以下に「?」が乱立しています。

よくわからない事柄に「?」を付けています。

普通?では子供が独り立ちをして生活をする上で連帯保証人欄に名を書くのは親だと思う。

 

しかしウチの親は毒親

名前一つを書くのにも通常?考えられないような苦痛が待っています。

苦痛の先で名前を書いて貰えないケースも十分にあります。

 

連帯保証人欄の話をする。

タイミングが悪いと悪く言われ拒否される。後日再アタック。

お前なんかに書いてくれる人間はいない。哀れな奴だ。
絶対服従を誓え
会社の社長に頼んでみろ
などなどの罵詈雑言を浴びる

ここで鵜呑みにすれば「ちょっと言っただけなのに本気にした、ダメ人間だ、全部お前が悪い」と言われる。
文句を言いたいだけなのでグッと我慢。

今までのは母親のターンなので今度はその旦那のターン。

お前のせいで母親の機嫌が悪いだろうが、書いてやるが頼み方ってもんがあるだろうが、ただ連帯保証人をお願いしますじゃだめだろうが、もっと色々と何か持ってくるとか考えろよ。*4

これも我慢をしてペコペコと頭を下げる事でようやく書類ゲット!

となりますが、普通?の親子の会話ってこんななんですかね?
ペコペコと頭を下げてまで頼まないとダメなんですかね?

 

他にも親戚が居るわけで頼むことも可能かと思われますが、

「お前の親が睨みきかせてるからヤダ」

で一蹴。

 

中でも稀に親に対抗したい親戚が書いてくれたのですが、敵の敵が味方ではないわけで、書いてやった書いてやったと周りに猛アピールをして、こちらも一生の感謝を要求してきます。

過去に数回親戚に頼んで懲り懲りした事と、親も親戚に威張られて懲りたのでしょう。

その次の更新時だけは文句がありませんでした。

 

さて、この話で困るのが妻。

普通?片一方がアウトでも妻の方でなんとかなる事も考えますが、妻は断固拒否。

猛毒である義母に借りは作りたくないから何とかして来いとつっぱねます。

確かに義母に一度でも頼もうものなら自分の扱いは婿養子以下の丁稚奉公になっていたでしょう。そうなれば全てを捨てて生きるように強要されます。*5

更に保証人不要な物件では当然家賃が割高になりますが妻は普通?なら払わないで済むものを払わされる事に激しい嫌悪感をあらわにして拒否。

 

この四面楚歌の中で自分はペコペコと頭を下げ続けたのです。

しかも賃貸の更新は2年。

2年に一度嫌な思いをするくらいならばと世の中こんなですが終の住処を手に入れることにしました。

友人でも中には気前よく連帯保証人のサインをしてくれる人も居るかも知れませんが、上下関係が生まれかねないので諦めました。

これには妻の意見も同じ。

 

最後に思う事。

やはり損得等で買う買わないの取捨選択ができる人が一番羨ましいとおもった。

欲しくても何らかの理由で手に入れられない方や自分のように何であれ手に入れるしかないと言うことは厳しい。

*1:銀行関係のニュースやローン関係のニュースを見るとヤキモキしてしまいます。

*2:あるが外に出ていないだけでそう思えていた。

*3:まあ、妻も子ども達もタラちゃん&イクラちゃんで歩くと足音が凄いので自分の中でもほぼほぼ除外。

*4:玉虫色とまではいかないがアルコール的なお察しくださいな物など

*5:頼まなくても強要されていたので頼んだら契約完了になっていたと思う。