日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

仕切り屋と回転寿司屋の自由。

昔人から聞いた話でその人は子沢山で、家族で外食に出かけると一大事になるらしい。
値の張るものを食べに行く前には子供達には牛丼を食べさせるようにしているらしい。
そんな中、回転寿司屋でも独自ルールで仕切っていて周りの反感を買っていた。

 

100円の皿のものはいくらでも食え、しかし200円以上はダメだ。

と言うルールだが、いつの頃からかそこの子供達は「そんな事を言うなら後悔させてやる」と子供達で手を組んで100円皿の寿司を食べたくなくても食べ続けることで、このルールでは損をすると言う事を教えようとしていた。


その人の言い分は子供達に一度でも200円を許せば要求はエスカレートして行くので未来の為にも徹底抗戦をすると言っていた。

そんな思いまでして回転寿司って食べるものなのかな?と正直思ったが、妻はどちらかと言えばそっちタイプ。

 

自分も500円皿を食べられるのは困るがある程度であれば200円皿に文句を言う気は無い。
同じ100円ならフルーツだろうがジュースでも構わないと思っているが、妻はそれすらも否定をして「コンビニで100円出せばもっと買える、帰りにコンビニで買えばいい」と頑として譲らず、そして帰りにコンビニに寄らない。確信犯なのである。

 

そんな事が続き、子供達がお母さんは嘘つきと言い出したので、以後コンビニで買えばいいと言っておいてコンビニに寄らないのは裁かれるべき悪業として適宜その時の状況で許可をするようにした。

いつの日か回転寿司屋で終始平和的に済ませてみたいものである。