日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

ストレスは50対50。

友人にスルースキルの磨き方を聞いてみた。

その話自体はとりあえず完結していないのですが、自分の中の困った人達はほぼほぼノンストレスで生きていて、そんな人達だから困った人達枠にカテゴライズされているんだなと思った。

そんな事からこの話を思い、ネタにしてみます。

 

ストレスは等しく誰にでもあるはず。

多分どんなに仲の良い友人同士でもそれなりにストレスはあると思う。
簡単な話で言えば、

自分は土日のどちらでも良いが出来たら土曜日に出かけたいとする。
友人は土日のどちらでも良いが出来たら日曜日に出かけたい

この場合、お互いにどちらでもいいので土曜日でも日曜日でも構わないが、出来たらとして希望がある以上、希望に添えない場合にはストレスになる。

出かける場所も内容にしてもやはりストレスが存在する。

そしてストレスは基本的に総数が100で、それを2人であれば50対50で割っているのではないかと思う。

多分、ノンストレスの困った人達枠の人は、ワガママをフルで動員して自身が気持ちよくなる話を全面に押し出して来る。
そうなるとノンストレスの人が0になればこちら側は100になってしまう。

ストレスが身体に良くないのは有名なので、ノンストレスの人は身体に良い事をしている訳で長生きをする事になる。

憎まれっ子世に憚るの完成である。

 

一方、ストレスが100を喰らい続けていれば早死にコース待ったなしだと思う。

とりあえずこんな事を思ったが、とてつもなく腹立たしいのはノンストレス組は「0対100にしたかったけどこっちも我慢して3対97にした。こっちもストレス被っている。お前らばかりが被害者ヅラするな」的な事をよく言ってくる。

そんなにあわないなら会うのをやめるのが最良なのに、連中は会わない事がストレスだから会うんだと言い出す。

…知らんがな。
こっちは会う事がストレスじゃ。

 

嗚呼、夏が来る。
本来ならば嬉しくて仕方のない夏休み。
しかし我が家は誰も喜ばない。

義理実家に強制的に関わる羽目になるから。

大型連休が来る度に憂鬱である。