日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

サクラ大戦。

f:id:buri-hama:20170729115906j:plain

今、これの下書きを書いている今ですが、ぷよクエで「サクラ大戦コラボ」でホーム画面の曲がサクラ大戦になっていてついつい聞いてしまったら、鼻歌がサクラ大戦になってしまった。

puyopuyoquest.sega-net.com

 

 

サクラ大戦は自分は一作目しかプレイしておらず、後はPROJECT X ZONEで参戦した所しか知りません。

pxz.channel.or.jp

そんなサクラ大戦ですが、当然自分では買わずにエリートオタクとして実家関係で名を馳せている従兄弟の兄貴が「クリアしたから(お前もやれ)」と攻略本と一緒に貸してくれた。

前にも書いたかもしれないが、ゲーマーとしてはギャルゲーパートは正直どーでも良くて、バトルパートやアクションパートにばかりに燃えていて、ギャルゲーパートに萌えていた兄貴の絶好のカモになって…もとい、兄貴とは棲み分けが出来ていて・・・

  • 兄貴はゲームを買い、さっさと挫折して自分に渡す。
  • 自分は一週間かそこいらでコンプリートしてセーブデータを渡す。

と言う流れであった。*1

 

サクラ大戦はギャルゲーメインのアドベンチャーパートと戦闘メインのシミュレーションパートでいいのかな?があって、兄貴はシミュレーションゲームは好きなので、全員自力コンプリートしていたので「(今回は)好きにやれ。」と言う事でプレイした。

うろ覚えだけど、このゲームは物語調で第1話とかの区切りでアドベンチャーと戦闘が入っていて、アドベンチャーパートの要所要所で推しヒロインとのフラグがあって、それを回収して更に戦闘パートでそのキャラを使うと好感度が上がったはず。

まあ、お察しくださいな話ではありますが、アドベンチャーパートには興味なく、ひたすらに戦闘パートがお気に入りでさっさとクリアして、攻略本まで借りていたので戦闘パートでお世話になっていたヒロインのフラグも回収してとりあえずクリアしたのを覚えています。

まあ、アドベンチャーパートも面白いことは面白かったです。
選択肢が出た時に制限時間もあれば、制限時間切れの無回答が正解だったりして新鮮でした。

そんなサクラ大戦コラボな訳で自分は自分ついついちょっとだけ熱が入っておりますが、子供達はサクラ大戦って何?状態。

そう言えばなんでコラボしたんだろ?

今度新作出るのかな?

 

個人的には新作とかいいので昔の良ゲームをうまいこと復刻させてくれないかな?と思ってしまいます。
前にPSPで復刻したみたいですが、今となってはPSPも終了しているし、そう言う終了ゲームをやりたい時って悩みますよね。
もしかすると買ってもやる時間なくてヤキモキするのかも知れませんが…

あの頃の無限時間のような生活を懐かしみながら締めさせていただきます。

*1:なんであの当時はあんなに時間に余裕あったんだろ?