日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

将来に向けて釘をさした話。

お盆が近くなってきました。

「お盆が近い→義母に会う」と言う事で妻に釘をさす事にした。

 

それは同居に対しての事や金銭援助に関しての事柄で我が家にその気は無いと言う事。

それは実家も義理実家も同じで、同居も金銭の援助も致さない。

これは昔から言っているので勝手な期待を寄せるのであればムダなので貯蓄に勤しんでくださいと言うものである。

妻自身、言い訳の天才で同居の気もないとはずっと言っていたが、あの流されがちな性格では押し切られたりする事や全てをこちらに丸投げして責任逃れをする可能性もあるので釘をさす事にした。

こう言う心配をしてしまうのも、妻は同居をする気はないと言いながらも「ああ…こいつ義母にのせられたな」と思う発言*1をしてみた事がある事と、義母の性格上こちらの都合を一切無視しての「同居」への憧れや「援助」への憧れを口にしているのを遠目にみた事がある為。

 

 

義母が口にしたら援助云々は義弟に対し、妻は嫁に出た身とか関係ないから、遠慮せず義実家の用事にどんどん使ってやれと言う発言であった。

いやいやいや、その映画館の肘置きをどっちも使いなさいみたいな発言は意味不でしょ?

 

これで義弟の嫁さんが義理実家ではなくそっちの実家に傾倒したら「嫁いだ身で」と文句を言うよね?
さらに書けば義母の理屈はあくまで義母の理屈であり、我が家のルールが義理実家と同じではなかった場合に合わせると言う気があるのか?と言うか、そもそも人の数だけ「普通」が存在しているのはわかっているのか?と言う話になる。

 

そして義母の申し出を断る最大の理由は、簡単な話で「のきを貸して母屋を盗られる」結果になる事が分かりきっているから。

我が家のトップが無理やり義母にすり替わり、家の全権を無知蒙昧な義母理屈で振り回すのは我が家での共通の見解である。*2

 

これが一番大きな理由で一番大切な事にはなるが、義母が同居をしたいのは妻や子供達、自分ではないと言う事。

義母が同居をしたいのは「義理実家が大好きな娘」「娘婿」「何よりも義母が大好きな孫達」「息子」「嫁」「孫」であり、我々家族ではない。

あくまで一家息子一家と呼ばれるものと同居をしたいだけで、それは文字通り恋に恋をするのと同じで、そこに個人の自由意志なんかはなく、義母のお花畑満開の妄想でしかない。

 

うちの子供たちで言えば文武両道で義母に忠実を強迫されるだろう。

義母の好みではない趣味は全て辞めさせられ、勉強も一日中強要される。
しかしそんなものは子供を押さえつける言い訳でしかないので義母の都合で平気で捻じ曲げられる。
スポーツも子供たちの好きなものではなく義母の思い通りのもの、しかしスポーツで義母との週末が過ごせなくなる事は許されないので休みを強要されるのでレギュラーなんてものは夢のまた夢である。

結局、日々の全てが義母を楽しませるためのイベントでしかなくなる。

 

妻に関しても地獄しかないと思う。

同居と言っても義母は家事らしい家事なんてものは一切やらないと思う。

妻は仕事に加えて弁当の用意や食事の用意も変わらず行いつつ、家族が出払って自身も務め出すまでのひと時が義母によって台無しになる。

1日働いて帰宅して食事の用意などに追加で今度は義母の世話や相手で下手をしたら睡眠時間は3時間未満まで減らされるだろう。

義母は掃除などもしないのに、屋荒らしだけはするだろう。

夫婦の寝室は漁られて夫婦生活に何らかの意見をし、子どもの部屋で友達との手紙のやり取り等をチェックして、勝手に不要と判断したものを捨て去っていくだろう。

その軋轢にも義母の娘と言うことで窓口になるかも知れない。もう心休まる日は来ないと思う。

そして週末にはようやく連れ回せると言う義母の無茶振りで妻はまた以前のように倒れるまで出かけさせられるだろう。

 

自分なんかは一言で「仕事行け」「帰ってくるな」「帰ってきたら部屋から出るな」でファイナルアンサーだと思う。

何これ?
何この生き地獄?

真っ平御免である。

 

そんな訳で、義母が同居や援助をして欲しいのは「娘」と言うもので妻自身ではない、だからこそ自分は近距離別居すら断る所存である。

妻には釘をさしておいたので当分は大丈夫だろう。

 

これからは言われた日に噛まないように脳内で練習をしておきます。

*1:サザエさん一家の例題を持ち出し「これが理想的な家族の姿なんだって」とある日いきなり言い出してきた。自分は「我々のケースではあり得ないな」でぶった切った。

*2:放置して好きなだけ騒がせるのも良いが、エブリデイ&エブリタイムで義母がギャンギャン喚き散らして暴れるのはキツい