日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

上の子の宿題。

上の子が絶賛夏休みの宿題で大苦戦中である。

量は大人からすれば少ないのかも知れないが、子どもからすれば絶賛多いようで夏休み当初から不満噴出であった。

 

夏休みの宿題の存在に否定的な自分は

本当に嫌で新学期教師に文句言われて皆の前でプライドがズタズタにされてもいいならやっていかないで夏を謳歌すれば?

と言うスタンスでいるが、上の子は嫌だがやらないのも嫌と言う面倒くさいことを言っていた。

さて、そんな上の子であるが、文武両道を掲げる学校で部活にも入ってしまっているので、この夏休みは平日以上に時間がない訳で当然宿題はやり切れていない。*1*2

そして、何故か部活をしている生徒は全員なのか、夏休みの宿題の提出日が始業式ではなく、お盆明けと言うクレイジーな日時設定になっている。*3

よって上の子はここに来てヒーヒー言いながら宿題を片付けている。

 

まだ勉強系はやれば終わるが、今回の家庭科の宿題は弁当作りと言うことで四苦八苦しながらやることになっていた。

これを書いている今、ようやく用意が終わり画撮まで済ませていたが、まあ酷い内容であった。

 

百聞は一見しかずとはよく言ったもので、日ごろから自分が料理をすると横で色々見聞きしていたし、自分も将来に備えて色々言っておいたので、基本的なことは理解していると思ったが、いざ上の子自身が料理をするとなると一切のイメージが無いようで苦戦していた。

 

段取りなんてものがあったものではなく、2時間かけて3品作っていた。

正直、上の子は妻をナメくさっている部分があるので「お母さんに出来るのになんで?」と言った顔をしていた。

終わってから次回の為にタイムテーブルの話をしておいたが、作った3品で1品を作っている間に次の仕込みをするなどの頭がなく、思いついた順に作業をしていて堂々巡りになっていたりと果てしない物語になってしまい途中で数箇所助言をしてしまった。

 

妻にいたっては今回も無視案件と決め込んでいたのでコレにも腹が立ったがまあいい。

上の子が益々妻を嫌うだけである。

将来毒親と呼ばれれば良いのだ。

 

出来上がった料理はまだまだ見た目にも味にも問題はあるが、初めて自身のみでやったにしては良いものができたと思っている。*4

 

今度は上の子が好きだと言ってくれている麻婆豆腐の手順を説明して作ってみてもらおうと思いました。

 

今日は風邪でダウンしていたのに最後の最後で風邪ってなんだっけ?と言うくらいの出来事でした。*5

*1:おかしな話なのは、普段は週1日の休息日が用意されているが、何故か夏休みは盆であろうが土日であろうが休みが用意されていない。親の身にもなるべきだと思う。

*2:一応申請をすればであるが、帰郷などでの休みは認められるらしい。なんとも上から目線の話で忌々しい。

*3:しかも宿題の紙にはお決まりの「毎日決められた量をこなしていきましょう」とあるが、それだと提出日に間に合わないくらい無茶な部活要求。しかも終わっていないと部活禁止になるそうです。

*4:親ばかかもしれません。

*5:料理は前もって妻とさっさと片すように言っておいたのですが喧嘩してやらなかったそうです。