日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

【読了】エンジェル・ハート。

随分と長かったのですが、エンジェルハートが終わったので感想。

 
記憶が確かならば結婚する前とかからやっていた訳で随分と長いこと買っていたなと思いました。

長く読んでいると、面白いのが基本になってしまい、不満点ばかりが出てきてしまいますが、毎巻楽しく読んでいました。

 

で、不満点。

・銃の比率が少なくて不満。

元々のシティハンターのイメージで読み始めたので、最初の頃は次の話こそ銃撃戦!とか希望しながら読みました。

・泣かせる話が多いのが不満。

泣かせる=人の生き死にが多くなってしまい、何となくまた死ぬ話かーとなってしまいました。別に感動しないとか泣けないとかではなく、あまりに多く感じてしまって不満に思ってしまいました。

 

大まかな感想

最初の話や節目の話、最後の話は読むべきですし本当に面白いです。
それ以外の部分はその時の気分で読めば良いかなと言った感じです。
単行本を読み返す時は節目の話を狙って読んでしまっています。
キャラクターはシティハンターのキャラクターなのであまり違和感はありませんが、パラレルワールドと言うことなのでイメージと離れている場合もあると思います。
面白いし、終わったら終わったで少し残念な部分もあるのですが、人によっては半分に減らせただろ?と言う人も居るよなと思っています。

とりあえず自分はもう少し話のメリハリが欲しかったのが本音です。
銃で解決する話、泣かせる話、笑える話などもっと分かれて入っていたら感想も変わったかなと思います。

 

エンジェル・ハート2ndシーズン 16 (ゼノンコミックス)