日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

これは妻の女としての嫌な部分なのか。

先日、会社で甘味のお裾分けを家族分いただいた。

奇しくも妻も勤め先で甘味を貰っていた。

流石に同日に両方食べるのはキツかった所に妻が「私の甘味の方が賞味期限が近いから食べてよ!」と言い出した。

これは道理なので文句も言わず食べた。

 

後日、また同日にお裾分けがカブってしまった。

こちらはフルーツで妻が焼き菓子であった。

フルーツは早く食べないとダメになると話していたのに、妻は焼き菓子から食べようとしていた。

フルーツのほうが早くダメになると再度伝えると、それを聞いていた子供達も「お母さん何やってんの?」と突っ込んでくれてフルーツになったが、ここで色々とわかったり思い出したりした。

 

妻は賞味期限順ではなく、自身の身の回りの人間に貰ったものから使うだけであった。

くれた同僚に良い顔をしたいから、翌日も顔を合わすからと言う理由だと思うが、非効率で筋の通らない内容に物凄く気持ち悪くなった。

 

似た話が昔もあって、結婚当初の事だが実家から引越し時に持って行ったほぼ新品のタオルがあった。

妻も結婚時に自身の分としてタオルを持ってきたが、随分とくたびれて居て何でこんなの持ってきたのかと疑問に思って居た。

 

結婚後、数ヶ月して妻がタオルが古くなってきたからと言って雑巾を作って居たが、そこには自分が実家から持ってきたほぼ新品のタオルが使われて居て、妻のくたびれたタオルはまだタオルをしていた。

これはおかしくないか?と妻の正気を疑ってしまい、妻には何故ほぼ新品のタオルが雑巾になっていて、妻が義実家から持ってきたタオルがタオルなのかと聞いた。

 

妻は口癖の「たまたま」「偶然」を使っていたが、それ以降雑巾を作る際は明らかに悪くなったものが使われるようになり、たまたま偶然ではなかったのだと悟った。

 

多分雑巾になるのはタオルの堕ちた先が雑巾と言う認識があるからか、そう言うところでも自身の持ち物と他人の持ち物に差をつけて非効率で筋の通らない選定をしたのだと思った。


まあ、義母が「こんなにタオルいらないわよ!雑巾にしなさいよ!当然向こうの実家のからよ!!」とかくだらない意見をして、妻自身も欲しかった言葉だから無視せずに実行に移したとかだと思っている。

 

コレを妻の女性として、男性の自分にはわからない何か嫌な部分なのか、それとも妻自身の人間性の問題なのか。

とりあえず子供達がそう言う変な考えにならないように見守って躾けようと更に思いながら締めさせていただきます。