日々のアレコレ。

ブリとはまちが好物なオッサンが感じたこととかを書いておきます。

命の終わりを意識した。

多分思い込みとか、たまたまとか思ったところではない不調だとは思うが、ここ数日調子が良くない。

風邪とかそう言うモノではなく、うまく言えないが不調で、我が家が短命で自分には厄年が迫っている以上、嫌でも命の終わりを意識してしまう。

 

エンディングノートは大筋は書いてあるので後は編集して出力するだけなので作業を始めようと思う。

不調ならば医者に行けば?となるが行かない理由がチョロチョロとあるので書こうと思う。

 

・うまく説明が出来ない上に医者の当たりを引く可能性が低いので医者に行く気にならない。

コレが何からくる不調なのかわからない以上医者にかかりようもないし、明後日の診断をされて無作為に過ごすのはNG。

・金銭面の問題。

今すぐ入院しないと死にます。だった場合に一馬力とオマケ馬力の我が家は住宅ローンが払えなくなってしまうので、あっさり死ぬか生きている限り働くしかないと思っている。
先日買った宝くじが当たっていて生涯賃金くらい稼げていたら病院行けたのになーとか思っている、

・妻が不調に気づけば行く。

前々から妻は自分に興味が無いので、朝一番に絶不調で苦しんでいても体調の変化に気づかず、「妻に普段と変わり無く見える」と言われれば、傍目に平気なら大丈夫なのかもと出勤するも、職場では一目見て異常に気付かれて追い返された事がある。

それでも妻は不調を見てもわからないと言っていた。

それが一度ではなく何度もある。

残りの人生を妻と過ごす上で、還暦を過ぎてから不調を無視されて地獄の苦しみにのたうち回りながら死ぬのであれば、早い方が良いのでは無いか?と思う所もある。

・妻が電卓を叩いて生きて欲しいと願えば行く。

常日頃から自分の為の出費を嫌い、予定外の出費に目くじらをたてる妻。*1

自分が不調で入院したとして、無収入で入院費がかかる状況を妻が受け入れて不機嫌にならず目くじらも立てないと宣言してくれればなと思う。

・妻自身が生きて欲しいと願ってくれれば行く。

恐らく妻の性格上、上の事をクリア出来たとして「子供達が生きて欲しいと言っているから医者に行け」と言うと思う。

いくら子供達が自分の生を望んでくれても家族の中で1人でも望まぬ者がいれば無駄に医療費を使って生きてもいい事は無いでしょう。

なので自分は妻の意見を聞くことになります。

しかしそれでも妻は答える事なく逃げると思います。

 

 

なんか妻ネタ多くなりましたが、命の終わりを意識して、生きる事を考えた時に真っ先に妻の事が思い浮かびました。

妻が自分の不調を気にし、生活費の面で自分を切り捨てる事なく、自分に生きて欲しいと妻自身の意思で思って伝えてくれれば生きる事も考えますが、自分の生きたい気持ちと妻の自分を切り捨てたい気持ちがあって、それが衝突すれば生きたい気持ちが辛くなるので思わないようにしています。

また、自分を生かすために妻が無理をして身体を壊すくらいなら生きたいとは思いません。

稼ぐ力が無いからと人妻アラフォーの需要はわかりませんが身売りをすると言うのであればやはり生きたいとは思いません。

とりあえず今の不調が命に関わるのかどうなのかも医者に行っていない以上わかりません。
こんだけ騒いでまだ何年も生きるのかもしれないし、やはりと言った感じで数カ月したらあちら側の住人になるのかも知れません。

今言えるのは

エンディングノートは用意しておきましょう。

かな?

*1:稼ぐのは自分だけど…